Twitter、Clubhouseより一足先に「Spaces」をAndroidユーザーでも利用可能に

2

2021年03月03日 12:22  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真 Spacesの画面(iOSアプリ)
Spacesの画面(iOSアプリ)

 米Twitterは3月2日(現地時間)、これまでiOSアプリでしか利用できなかった「Twitter Spaces」(プライベートβ版)をAndroidアプリでも利用できるようにしたと発表した。



【その他の画像】



 Spacesは昨年12月にテストを開始した、Twitter上で開設できる音声チャットルームサービス。先行する「Clubhouse」によく似たサービスで、ユーザーが自分の部屋(Space)を作ってユーザーを招待し、そこでチャットするというものだ。Clubhouse同様に、これまではiOS端末でしか参加できなかった。Clubhouseはまだ、Androidでは利用できない。



 なお、Androidから参加はできるようになったが、まだ自分のSpaceを作ることはできない。Twitterは、「間もなく」Space作成もできるようにするとしている。



 1日には米Facebookが動画付きClubhouseのようなInstagramの新サービス「Live Rooms」をリリースした。こちらもAndroidでも利用可能だ。


このニュースに関するつぶやき

  • インスタもツイッターもパワーアップして新規SNSも出てきて。。ミクシィは改造して人気が出たら株主とか上の人が困る事情がありそうでんな
    • イイネ!0
    • コメント 3件
  • 大概の人は、自分の声に違和感があるので さしたるブームにはならんでしょうな。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定