『サワコの朝』“シンプル”貫いた9年半 阿川佐和子「呑気な番組にしたかった」 最終回ゲストは米倉涼子

1

2021年03月03日 14:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『サワコの朝』最終回で共演した(左から)阿川佐和子、米倉涼子 (C)MBS
『サワコの朝』最終回で共演した(左から)阿川佐和子、米倉涼子 (C)MBS
 タレント・阿川佐和子が聞き手となり音楽をテーマにトークを繰り広げるMBS・TBS系『サワコの朝』(毎週土曜 前7:30〜8:00)。27日の最終回には、女優・米倉涼子をゲストに招き、17年ぶりの共演を果たす。

【写真】3月のゲストはナイツ、石井亮次、野村萬斎ら 

 2011年10月にスタートした同番組では、9年半にわたり、芸能人、スポーツ選手、文化人、アーティストなど、幅広いジャンルのゲストを迎え、貴重なトークや、ゲストが紹介する思い入れのある音楽などとともに、ゲストの人生をたどりながら、サワコが意外な素顔を引き出してきた。

 ラストとなる3月は、 6日にお笑いコンビ・ナイツ、13日に昼の情報番組『ゴゴスマ』」のMCを務めるフリーアナウンサー・石井亮次、20日に狂言師・野村万作、萬斎、裕基 が親子三代そろって登場する。

 最終回で米倉と17年ぶりの再会を果たした阿川は「2002年の紅白歌合戦の審査員を務めたのが初対面でしたが、その際に私が舞台から落ちそうになるハプニングがあり、 その時、さっそうと私を抱え上げてくれたのが米倉さんでした(笑)。その後、2004年に週刊誌で対談をして以来、17年ぶりの再会です」と感慨深げに明かす。「当時は、カッコいいお姉ちゃんという印象でしたが、この間にブロードウェイに挑戦され、主演ドラマも大ヒットし続け、雲の上の存在になってしまった米倉さんを最後にお迎えできたのは、うれしいことでした!」と充実感たっぷりに語っている。

 また、最終回の収録を終え「私は週刊誌の対談もあるので、月に最低でも8人の方にインタビューすることを続けてきたおかげで、ずいぶんと鍛錬されました」と、9年半の歩みを振り返った阿川は「私がこの番組で一つだけ大事にしていたのは、できるだけシンプルな番組を作ること。トークと音楽だけ。余計なVTRや小道具はなるべく加えない。トークに集中する番組がたまにはあってもいいのではと思ったのです。土曜の朝ですからね。ボーッとした気分で観ていただけるような呑気な番組にしたかった。結構、いい番組だったでしょ?」と回顧。最後には視聴者に向けて「9年半もの間、ご視聴いただき本当にありがとうございました!」と感謝の思いを伝えていた。

このニュースに関するつぶやき

  • 徹子には敵わなかったか…
    • イイネ!18
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定