声優・三石琴乃が北川景子の母役で連ドラ初レギュラー “セラムン”ファン興奮「アニメのウサギと実写のレイちゃんだー!」

4

2021年03月03日 15:23  ねとらぼ

  • 限定公開( 4 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真レギュラー陣の集合ショット。左から宮崎美子さん、酒向芳さん、永山瑛太さん、北川景子さん、佐野史郎さん、三石琴乃さん、平岩紙さん (C)TBS
レギュラー陣の集合ショット。左から宮崎美子さん、酒向芳さん、永山瑛太さん、北川景子さん、佐野史郎さん、三石琴乃さん、平岩紙さん (C)TBS

 アニメ「美少女戦士セーラームーン」シリーズの月野うさぎ役や、「エヴァンゲリオン」シリーズの葛城ミサト役などで知られる人気声優の三石琴乃さんが、4月スタートのTBS系ドラマ「リコカツ」にレギュラー出演することが発表されました。三石さんは主演・北川景子さんの母親役を演じます。



【画像】三石琴乃さん(画像はYouTubeから)



 「リコカツ」は、ファッション雑誌の優秀な編集者である水口咲(北川さん)と、航空自衛隊航空救難団のエース隊員である緒原紘一(永山瑛太さん)を中心に描かれるヒューマンストーリー。2人は運命的な出会いをきっかけに交際ゼロ日でスピード結婚したものの、性格の不一致から新婚早々離婚を決意。しかし、周りから大々的に祝福された手前、離婚することになったと切り出すことができず、水面下で離婚に向けた活動「リコカツ」を始めます。



 三石さんが演じるのは、美に関するエッセイ本がベストセラーとなり、世間からは“美魔女”インフルエンサーとして注目を集めている咲の母親である美土里。プロデューサーの植田博樹さんからこの役をオファーされ、熟考の末に受けることにしたという三石さん。台本を読み「まさかの大役」だと知ったそうで、「ずっとプチパニックで、名だたる名優の方々と一緒にお仕事できる現実に興奮しっぱなしです」と心境を告白しています。他のレギュラー陣には、佐野史郎さんや宮崎美子さん、平岩紙さん、酒向芳さんら実力派俳優が集結しました。



 ファンからは、北川さんが過去にTBS系ドラマ「美少女戦士セーラームーン」(2003年放送)で火野レイ/セーラーマーズ役を演じていたことから「セーラームーンと実写版のセーラーマーズが親子やるんだよ」「アニメのウサギと実写のレイちゃんだー!」と興奮する声も。また、三石さんの役柄に対して「北川さんのお母さん役というのも一瞬で納得してしまう美しさ……」と、ほれぼれする声もあがっていました。



●三石琴乃さんのコメント



植田プロデューサーからテレビドラマ出演のオファーをいただき、主人公の母親役と伺っていました。熟考の末お受けさせていただいたのですが、台本を読んでまさかの大役だと初めて知ったんです! それからはずっとプチパニックで、名だたる名優の方々と一緒にお仕事できる現実に興奮しっぱなしです。『リコカツ』に出てくる各家族のみんな個性的で、それぞれがそれぞれの、迷いながらも本気で明るい未来を探している、とっても素敵なホームドラマです。



笑いやあたたかさの中にも、日本では“妻たるもの慎み深く、家族のために尽くすこと”が美徳とされていますが、それに正面から勝負を挑んでいる潔さを感じました。



実生活では避けたい「離婚」がこのドラマの表テーマですが、どの世代にも誰にでもある自分の人生を悔いなく生きたいという気持ちを、繊細に、時に大胆に描くドラマだと思います。主人公・咲や周りの人物に共感して巻き込まれて、一緒に未来を見つけて欲しいと思います。


    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定