「体に悪い」朝ランにしないためにの2つの注意点【アスレティックトレーナーが解説】

136

2021年03月03日 20:52  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真運動不足解消や健康づくりにも最適な朝ランニング。夜のランニングにはないメリット、起床時間や走る距離の目安の考え方、「体に悪い朝ラン」にしないための2つの注意点について、詳しく解説します。
運動不足解消や健康づくりにも最適な朝ランニング。夜のランニングにはないメリット、起床時間や走る距離の目安の考え方、「体に悪い朝ラン」にしないための2つの注意点について、詳しく解説します。

運動不足解消や健康づくりにも! 朝ランニングの健康効果

早朝から一人でもくもくと走っている人、家族や友達同士でゆっくりと走っている人など、近所の公園をのぞいてみると、さまざまな人たちが朝の習慣としてランニングをしている場面に出くわします。

現在は人と適度な距離をとり、会話は控えながらのランニングですが、「運動不足解消のために」「健康のために」という人から「マラソンを目標に」という人まで、それぞれの目的があり、ペースもさまざま。朝活としてのランニングはすっかり市民権を得た印象があります。

ランニングの効果……夜ランにはない朝ランのメリット・魅力

「ランニングは朝と夜、どちらがおすすめですか?」と尋ねられることがありますが、実は適した時間は人それぞれ。まずは生活リズムにあわせて、無理のない時間帯で運動習慣をつけることが大切です。

ただ夜は朝に比べて疲れていたり、急な予定が入ってランニングの時間がとれなくなったり、といったことが考えられます。

その点、朝のランニングは予定が立てやすく、一日のスケジュールにあわせて短い時間に集中して行うことが可能です。また起床後に日光をあびることで、脳が覚醒し、すっきりした状態で一日を過ごせます。朝のランニングによって体温が上がり、体脂肪をエネルギーとして積極的に消費することが期待できる点も、朝ランニングの魅力といえるでしょう。

朝ランニングの起床時間・走る距離の目安

朝ランニングを毎日の運動習慣に取り入れる場合、何時ごろ起きるのがよいか気になる方もいるようですが、これは一概には言えません。貴重な朝の時間帯にランニングができる時間は人それぞれですし、健康的な起床時間も生活習慣によります。起床時間よりも大切なのは、起きてからすぐランニングを始めるのではなく、体の準備を行えるよう少し余裕をもって起床することです。

走る距離の目安についても、必ず何キロ走らなくては朝ランの効果がない、といった決まりはありません。まずは継続して、運動習慣として定着させることを目標に、自分のペースと時間にあわせながら、適度な距離を見つけていきましょう。時間の余裕があるときは少し長めに走るなど柔軟に行うのが長続きさせるコツといえるでしょう。

朝ランで注意すべき2つのNG行為……水分・エネルギー補給とストレッチは必須!

朝ランニングを行う時、2つの注意点があります。

・水分補給・エネルギー補給をしないまま走ること
・ストレッチをしないまま走ること

この2つは、朝ランニングをする時に避けるべきNG行為です。

起床時の体は長時間にわたって水分やエネルギーを補給していないため、軽度の脱水状態であり、エネルギー不足です。起きてそのままランニングを開始してはいけません。

ランニングを始める前には水分補給をし、あわせて軽食などでエネルギーを補給することが大切。一方でしっかりと朝食をとってしまうと体が重く感じたり、胃腸への負担が増してお腹が痛くなったり、といったことが起こりやすくなります。

ランニング前の軽食としては糖分が含まれて気軽にとれるバナナやゼリー、クッキー、ドライフルーツなどがオススメです。また固形物ではなく糖分が含まれるフルーツジュースやスポーツドリンク、スムージーなどもいいと思います。

また、朝の体は筋肉がかたくなっているだけではなく力も入りにくいため、いきなり走り出すと思わぬケガをしてしまうことがあります。運動を始める前には必ずストレッチを行うようにしましょう。

ラジオ体操のような全身を動かしながら伸ばす動的ストレッチ(アクティブストレッチ)や、屈伸や伸脚などの準備体操のようなものでかまいませんので、ストレッチとランニングはセットで実践しましょう。

朝ランニングで実感できる効果はさまざま! 身構えすぎずスタートを

朝のランニングが習慣化している人は多かれ少なかれ、そのメリットを体感している方が多いのではないかと思います。

健康のために走る、運動不足の解消として走る、走ると頭がスッキリして前向きな気持ちになるから走る。何となく朝から走るのが面倒だったり、自分にはできないのではないかと思ったりすることもあると思いますが、まずは生活リズムを整えるという軽い気持ちで朝のランニングを始めてみてはいかがでしょうか。

西村 典子プロフィール

20年以上に渡り、スポーツ現場でのトレーナー活動に従事する日本体育協会公認アスレティックトレーナー。NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト。選手へのトレーナー活動だけでなく、幅広い年齢層を対象としたストレッチ講習会やトレーニング指導経験も豊富。スポーツ傷害予防や応急処置などの教育啓蒙活動も行い、毎日の健康づくりに役立つ運動に関する情報発信を精力的に行っている。
(文:西村 典子(アスレティックトレーナー))

このニュースに関するつぶやき

  • 朝ランするならラジオ体操の方がいいと思う。計算された体操だし、なにしろ真面目にやると結構いい運動になるし。 https://mixi.at/a4TlcEZ
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 御大層な理屈はどーでもいいから、とりあえず歩道走れや……
    • イイネ!29
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(81件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定