王者・川崎F、逆転勝利で公式戦3連勝! 鬼木監督「全員がブレずに攻撃し続けたことを評価したい」

1

2021年03月03日 22:44  サッカーキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真[写真]=金田慎平
[写真]=金田慎平
 ともに開幕戦で勝利を収めた川崎フロンターレとセレッソ大阪の一戦は、王者・川崎が逆転勝利でリーグ戦連勝を飾った。

 かつての本拠地・等々力に凱旋したFW大久保嘉人の二発を浴び、前半は1点ビハインドで折り返す。鬼木達監督は「焦れないこと、相手に次のゴールを与えず自分たちはゴールに迫ること。人もボールもゴールに向かって行こう」と指示を与えイレブンを送り出す。

 後半立ち上がりから川崎がペースを握ると、47分にこの試合二度目となる山根視来からレアンドロ・ダミアンの“ホットライン”が開通。「視来から素晴らしいクロスが来た。力を入れるというよりもコースを狙った」と冷静にゴールネットを揺らしすぐさま同点に。72分にはL・ダミアンのポストワークから三笘薫が決勝点を叩き込む。三笘は「ダミアン選手に預ければアイディアがあるし、その意図を理解してくれるので、あとは蹴り込むだけでした」と今季リーグ戦初ゴールを振り返った。

 ガンバ大阪とのFUJI XEROX SUPER CUPを含め、これで公式戦3連勝と好スタートを切った。「まずは2連勝できたことを嬉しく思います。前半は嘉人のスーパーゴールで難しい展開になりましたが、全員がブレずに攻撃し続けたこと、ボールを握って攻撃できたことを評価したいです」と鬼木監督は逆転勝利を収めたチームを称えた。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定