新社会人の視点から金融業界を描く、海外ドラマ「インダストリー」キャストコメント入手

0

2021年03月04日 16:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「インダストリー」(C) 2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.
「インダストリー」(C) 2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.
HBOとBBCの共同製作で、ロンドンのトップ投資銀行で奮闘するエリート新社会人を描いた最新ドラマ「インダストリー」が3月10日(水)より日本初放送。第1話の監督をHBOドラマ「GIRLS/ガールズ」で製作・監督・脚本・主演を務めたレナ・ダナムが担当する本作から、金融業界の苛烈さを表現するキャスト・スタッフ陣のインタビューコメントが到着した。

2013年、ロンドンの投資銀行に勤めるドイツ人青年が浴室で倒れて亡くなった。かつての同僚によれば、彼は直近の2週間に8回も徹夜で仕事をしていたという。全8話からなる本シリーズの核となっているのは、この悲劇的な死。ロンドンにある投資銀行で“正社員”の座を奪い合う20代の若者たちの姿を通して、国際金融という生き馬の目を抜くような過酷な世界が描かれている。


投資銀行の現場とそこで働く若者の苦悩やリアルな実態を赤裸々に描写するのは、2008年の世界的金融危機の当時、ロンドンの金融業界に身を置いていた2人のクリエーター。米国での最終話放送前にシーズン2が決定したことが発表された、人気と期待値の高い注目作だ。

レナ・ダナムらが描くロンドンの若者の生態

本作は単なる金融ドラマとは一線を画し、セックスやドラッグ、LGBTQなどのテーマも盛り込み、若者のリアルな生活を赤裸々に描き、視聴者が感情移入できる等身大の青春ドラマともなっている。

人種差別、イギリス特有の出身階級にまつわる偏見やコンプレックス、それぞれのキャラクターが抱える秘密や悩み、職場恋愛の駆け引きも描かれ、第1話を監督したレナ・ダナムは本作を「『ウルフ・オブ・ウォールストリート』と『メルローズ・プレイス』を混ぜたような作品」と表現している。

金融業界を知るクリエイターと新人俳優をキャスティング

イギリスにある本作の制作会社バッドウルフの共同設立者ジェーン・トランターは、「この物語は私たちが過ごしている様々な人生の裏側について考えさせられる話」と語る。HBO幹部のケイシー・ブロイスは「新たな脚本家を起用して、出演者も主に演劇学校を出たばかりの新たな顔ぶれを揃えて、新進気鋭の演出家たちにメガホンを取ってもらうことでこれがみんなにチャンスを与える機会になると同時に、その新鮮さがドラマ自体にも反映されると考えた」と言及する。


そこに製作総指揮・脚本として白羽の矢が立ったのが、実際にロンドンの銀行に勤めた経験があるコンラッド・ケイとミッキー・ダウン。「これを忠実に再現出来たら最高に面白いドラマになるはずだと思ったんだ」とケイ。続いてダウンも「(金融界の)下から上を見ること、若者たちの視点からこの世界を描くこと」を重要視したことを明かす。

新卒キャスト5人が金融業界の面接を疑似体験する特別映像も


ニューヨーク北部出身で、ロンドンの大手投資銀行ピアポイントに入社したハーパー役を演じるのはマイハラ・ヘロルド。大半のキャストと同様、ヘロルドにとっても今回が初の大役抜擢だ。

金融業界に飛び込んだ新社会人たちを描く本作に、「私自身が演劇学校を卒業してこの業界に飛び込んだばかりだから、その辺りの心情はとても容易に理解できた。でもそれが巨額の現金が動くアグレッシブでエネルギッシュな金融業界となると……最初から激しい緊張感があるだけに最高のドラマになっている」と気合い十分。


ハーパーが親しくなる同僚で、ノッティング・ヒル出身のヤスミンを演じるのは、ヘロルドと同じく新人女優のマリサ・エイブラ。「とてもリアルに描かれていてページをめくる手が止まらなかった」と語っている。


また、ヤスミンはロバート(ハリー・ローティー)に会ってすぐに親しみを覚える。ロバートは表面的には容姿に恵まれ、持ち前のカリスマ性で人脈を広げていく社交性溢れる白人青年。「多分、ロバートは本当は孤独な自分を隠しているんだと思う。とても繊細で、ただみんなに好感を持たれてうまくやっていきたいだけなんだ」と、演じるハリーは言う。


ロバートのルームメートのガスを演じるのは、デヴィッド・ジョンソン。ほかのキャラクターと同様に、ほどなくしてガスも“本当の自分”を隠していることが分かる。「自分の生き方を模索する若者たちの姿を見てもらえたらいい」と語り、「描かれているのは人生で歩むべき道を見つけて自分らしく生きようする人々の姿なんだ」と続ける。

ナブザン・リザワンが演じるハリは、ガスと共に投資銀行部門の上層部で働き始める人物。「彼は仕事中毒になってしまうんだ。とにかく必死に働くことでどうにかしたいのに、うまくいかないんだ」というリザワン。


さらに、本作には新入社員たちの上司や先輩たちにもストーリーの幅を広げていく。ハーパーのFX部門の上司であるエリック役を演じるのは、ハリウッドのアジア系ベテラン俳優ケン・レオン。


「これまでの銀行の文化(カルチャー)が底辺から変化していくんだ。エリックは昔気質で、自分の身は自分で守る、うまくいくなら手段は選ばない、という精神論の持ち主だ。だから銀行の文化(カルチャー)が変化していくことに脅威を感じて最初は猛烈に抵抗するんだ。シーズン1のストーリーが進んでいくうちに次第に彼のそうした姿が明らかになっていくんだ」と威圧的な上司にも繊細な部分が隠れていると指摘する。

なお今回、ハーパー役のヘロルドら新卒キャスト5人が金融業界の面接を疑似体験する特別映像も同時に公開。本作の製作総指揮・脚本を務め、実際にロンドンの金融業界で働いていたダウンとケイからの質問に、新卒キャスト陣は緊張しながらもユーモアある回答をしている。

HBO(R)ドラマ「インダストリー」は3月10日より毎週水曜23時〜ほかBS10 スターチャンネル【STAR1 字幕版】にて放送(全8話)。
※3月6日(土)13時〜第1話先行無料放送
※インターネットTVでの視聴も可能

(text:cinemacafe.net)
    ニュース設定