遠藤憲一「女房には相当ストレスをかけた」初めて明かす妻への想いと独立後の15年

35

2021年03月04日 19:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真ジャケット姿に柔和な笑みがなんともすてきな遠藤憲一 撮影/伊藤和幸
ジャケット姿に柔和な笑みがなんともすてきな遠藤憲一 撮影/伊藤和幸

 182cmの背丈からスラリと伸びた手脚、鋭い眼光、低音の響く渋い声……。“エンケンさん”の愛称で親しまれる俳優・遠藤憲一(59)は、「コワモテ俳優」と言われて思い浮かべる顔ナンバーワンではないだろうか。今年の6月に還暦を迎えるが、テレビ番組から映画まで出演作が絶えず、昨今ますます活躍の場を広げている。

 17歳のときに演劇と出会い、人生は一変。29歳で結婚し、現所属事務所の代表兼マネージメントを務めるのは、妻・昌子さんだ。2人で一緒に歩んできたこれまで、そして、続いていくこれから──。

「ウィッス」のひと言だけで十数テイク

「結婚はやっぱり、ひとつの転機ですよね。それだけじゃなくて、事務所を独立させて女房に俺のマネージャーをやってもらうことになったのも、大きな転機だと思ってる。ずっと“私はやりたくない”って言われちゃってたんだけど、自分のことをいちばん知っている相手に引き受けてもらうのが、俺の願いだった。大変だろうなとは思いつつ、なんとか頼み込んで。3年間、ずーっと口説き続けました」

 遠藤を俳優の世界へと導いてくれた前所属事務所の社長の引退をきっかけに、'07年、今の所属事務所『エンズタワー』を立ち上げた。ほかの大手事務所に移ることを考えなかった理由は、

「日常生活の中で、人よりできないことがいっぱいあるんです。だから、相手への説明もそのぶん必要で。やりとりが二度手間や三度手間になるくらいなら、最初から俺をわかってくれている女房に、と。大きな組織に行ったら、問題児扱いされるだけだとも思っていたから」

 そばにいる時間が誰よりも長く、信頼できる妻とともに歩んできた、独立後の約15年。出演作はVシネマやヤクザものが多かった遠藤の仕事の幅が広がったのも、この期間のことだ。インタビューに同席した昌子さんは、マネージャーを頼み込まれた当時の心境を「本当に嫌だった。すっごく嫌だった!」と振り返り、明るく笑う。

「大事なことだから2回言いました(笑)。私は正直、自分の時間も大切にしたいと思っていたから、仕事に行ってくれている間に自由なひとときを過ごすのが好きだったんです。それに、それまで遠藤が選んでいた出演作の中で私が“見たい”と思うものは少なくて、あまり作品を見てこなかった。

 でも、このまま同じ路線で進んでいくには厳しい部分もあるだろうな、どこかで路線変更してみてもいいんじゃないかな、と感じていたので、それなら私がマネージャーを引き受けたほうが早いかもって覚悟を決めたんです

 昌子さんのハンドリングもあって出演作のジャンルが広がり、親しみやすさが増した今では、コミカルな役柄やチャーミングな役柄を演じる機会も増えた。悪役としての認知度のほうが高かった遠藤が、初めて主演を務めたドラマ『湯けむりスナイパー』('09年/テレビ東京系)は、自身にとっても思い入れの強い作品だと話す。

 遠藤が扮(ふん)したのは、殺し屋であった過去を隠して温泉旅館で働く仲居・“源さん”。本作は源さんの周囲で繰り広げられるさまざまな人間ドラマを描いた物語で、演出と脚本を務めたのは映画『モテキ』や『バクマン。』で知られる大根仁だ。

大根さんは“テンポよく撮る人だ”という印象で撮影に臨んだら、この作品ではまるで大違い。源さんは何か言われると“ウィッス”と返事をするキャラクターなんだけれど、そのひと言だけでも“いや違います”、“もう一回”って、何十回もやり直して。表情も“もう少し柔らかくして”とかリクエストされたりね。あとで聞いたら、大根さんが7年間も温めていた作品だったんだって。だからこその、こだわりだったんだな。

 俺は悪役を演じることが多かったから、あのころは演技中も自然ときつい表情になってしまっていたかもしれないけれど、大根さんに俺の中の“普通”なものを引っ張り出してもらったなって感じていますテレビドラマに関しては、表現の幅を広げるきっかけになってくれたのが大根さんですね

夫への敬意、妻への感謝

 これまでと毛色が違うドラマや映画作品だけでなく、バラエティー番組に挑むきっかけを作ったのも昌子さんだという。だが、当の遠藤は苦手意識もあるようで、

「俺は物事もよく知らないし、さっきも言ったけれど、自分には本当にできないことが多すぎる。そういう素が出てしまうのが嫌いだった。今でも得意ではないし、あんまり出たくないんだけど(笑)。今は時代がうるさくなって大変なところもあるけど、逆に、多少変わった人間だとしても受け入れてもらえる時代でもある。俺みたいなダメ人間も、そのままでいいのかなって。自分のままでいいんだって思えるようになったから、バラエティーにも少しずつ挑戦できている感じですよ

 公私ともにパートナーである昌子さんから見る“遠藤憲一”は、どんな人間なのだろうか。

「精神年齢はすごく低くて、幼稚なんです。でも、こだわりがあることに関しての集中力はピカイチ。過酷な時間帯や環境での撮影が続いても、ずーっと集中し続けている姿を見ていると、偉いなって感じるんです。“普段はしょうもないのに、ちゃんとできるじゃん!”って(笑)。自分の性質に合った仕事ができてよかったね、と思っています。うーん、そうだなぁ……親戚の子どもを見ているっていう感覚に近いのかもしれないですね」

 そう答えてくれる昌子さんの横で、気恥ずかしそうに俯(うつむ)いて笑う夫・遠藤憲一。阿吽(あうん)の呼吸で成り立つ2人の空気感が、その場にいる私たちにも伝わってくるようだった。

 インタビューの最後、遠藤はゆっくりと口を開く。

「今まで女房には、相当ストレスをかけていただろうなって。だから、恩返しをしていきたい。やり方がわからなかったり、下手くそだったりするかもしれないけれど、これから少しずつでも恩を返していかなきゃなって思いますよね」

 それまでのトーンとはまた違い、少し音量を下げた優しい口調。不器用ながらも初々しく紡いだその言葉には、紛(まご)うことなき真実が詰まっていたように思う。

(取材・文/高橋もも子)

【PROFILE】
えんどう・けんいち ◎1961年6月28日生まれ、東京都品川区出身。「エンケンさん」の愛称で親しまれ、コワモテな風貌を生かした悪役から、コミカルで愛らしい役どころまで幅広く演じ人気を博す。'01年公開の映画『DISTANCE』で第16回高崎映画祭助演男優賞を受賞。現在、テレビ東京系『バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間』(毎週金曜深夜0時12分〜)に出演中。ほんわかとした日常をのぞき見できる自身の公式インスタグラム(@enken.enstower)も話題に。

【INFORMATION】
東日本大震災の実際の救助映像などを随所に挟み、実話に基づいた家族の絆と人間の底力を描くNHKスペシャルドラマ『星影のワルツ』が2021年3月7日21時より、NHK総合にて放送。出演は遠藤憲一、菊池桃子、川栄李奈ほか。

このニュースに関するつぶやき

  • 「刑事貴族」の脚本も書いてたとの事ですが…色々チャレンジと積み重ねが凄いんですね…奥様にも感謝しなくっちゃね…。バイプレ…今回はちょっと出番少なくて残念。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 素敵なご夫婦で羨ましいです。
    • イイネ!15
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(24件)

ニュース設定