西武打線が初回に4連打で4得点! 山川がOP戦1号3ラン

3

2021年03月04日 19:02  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真中越えにオープン戦1号となる3ランを放つ西武・山川
中越えにオープン戦1号となる3ランを放つ西武・山川
◆ 主軸がしっかり結果を残す

 西武打線が初回から連打を浴びせかけ、日本ハムの先発・金子弌大からいきなり4点を奪った。

 前日、日本ハム相手に5安打4併殺で無得点に終わった西武は4日、再び札幌ドームで日本ハムと対戦。初回に先頭の金子侑司がレフト前ヒットで出塁すると、2番・源田壮亮もセンター前ヒットで続いて無死一三塁とチャンスを拡大させ、3番・森友哉の右二塁打で先取点を奪った。フォークに上手く反応した森は「低めについていくことができました。セカンドまで行くことができて良かったです」と、隙のない走塁で二塁を陥れたことを評価した。

 さらに無死二三塁で4番・山川穂高に打順が回ると、1ボール2ストライクと追い込まれことで「犠牲フライを狙っていました」とセンター方向に弾き返した打球がスタンドイン。山川も「結果的に(ホームランになって)良かったです」と振り返ったオープン戦1号3ランで一気に4点を奪った。

 その後、5番・栗山巧もヒットで続いて5連打となったが、6番・外崎修汰が二飛、7番・若林楽人の三失による出塁を挟んで、8番・鈴木将平が併殺に倒れ初回の猛攻は終了した。

このニュースに関するつぶやき

  • 金子千尋も衰えたね。 https://mixi.at/a4UCQzs
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定