バーでナンパしてきた不思議な男の正体とは? 切なくも美しい漫画に「近未来的なのに懐かしい」「深淵をのぞくような物語」の声

0

2021年03月04日 19:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「夜明けのコギト」
「夜明けのコギト」

 悲しい前世の夢を見る女が、バーで不思議な男にナンパされる――。そんな漫画がTwitter上で話題になっています。ただのナンパかと思いきや、その背後には切なくも優しい物語があるようで……?



【漫画を読む】



 舞台は西暦2045年。女が一人、バーで佇んでいます。女はバーの常連であると言いますが、常連の男たちは、なぜか彼女を知らない様子。女は「群れからはぐれた狼だった前世の夢を見る」のだと話し、一人になりたいと言います。



 そんな女に興味を抱いたのか、不思議な雰囲気の男が声をかけました。男は女に酒をおごると、「前世に興味があるのかい?」と尋ねます。女は、「それで声を掛けてくるなんてずいぶん自信家ね」と返します。



 男は「鈍いだけだよ」と否定しますが、うっかり酒をこぼして服を汚してしまいました。これには女も苦笑い。男は端正な容姿をしていますが、少し抜けていて憎めない性格のようです。



 男は女の話に真摯(しんし)に耳を傾けた後、前世と生まれ変わりについての俗説を話します。「ずいぶんお詳しいのね。歴史学の先生かしら?」と聞かれた男は、「似たようなものさ。世捨て人のような暮らしだよ」言います。男はおちゃめなようで、どこか謎めいた雰囲気を持っています。



 一方の女は、近くの企業に勤めていたものの、今日が最後の出社日でした。「それなりの蓄えもできたし、東京を離れるの」と話すと、男は「うらやましい話だ。僕もついて行こうかな」と相づちを打ちます。「風にあたりたい」という女の一声で、二人はバーを後にしました。



 二人がバーを出たところで、舞台は一転。謎のラボの場面に切り替わり、女と男が実は「ある形」で出会っていたことが明かされます。――“夜明け”の描写が印象的な結末は、ぜひ漫画本編で確かめてみてください。



 この漫画にネット上では、「近未来的な話なのに、懐かしい」「深淵をのぞくような物語で、見事なプロローグ」「映画を見た様な感覚」「切なく、夜の空気と湿度を感じるすてきなお話でした」といった声が寄せられていました。



 漫画「夜明けのコギト」を公開したのは、漫画家の山崎ハルタさん。この作品は共作で、作画担当は山崎さん、原作は清瀬順さんです。山崎さんはこの他に、『うちの上司は見た目がいい』(KADOKAWA刊)などの作品を手掛けています。



作品提供:山崎ハルタさん


    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定