「知ってるワイフ」“澪”と“津山”が破局 覚悟を決めた“元春”大倉忠義に同情が集まる

0

2021年03月05日 07:31  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真建石澪役の広瀬アリス(左)と剣崎元春役の大倉忠義 (C)フジテレビ
建石澪役の広瀬アリス(左)と剣崎元春役の大倉忠義 (C)フジテレビ

 大倉忠義主演のドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)の第9話が、4日に放送された。

 剣崎元春(大倉)への本当の思いに気付いた建石澪(広瀬アリス)は、銀行のマラソン大会の途中で告白し、キスをしてしまう。しかし、元春は澪の思いを受け入れなかった。

 元春は、かつて澪との結婚生活がうまくいかなかったのは自分自身のせいだと気付いたが、沙也佳(瀧本美織)との結婚生活でも同じことを繰り返し、何も変わらなかったことを後悔していた。

 そして、現在、澪は親友の津山千晴(松下洸平)と交際しているから、澪とやり直すことは絶対にできないと考えていたが、澪が津山に別れを切り出したことで事態は思わぬ方向に動き出す。

 津山や友人の木田(森田甘路)から責められても言い訳もせずに、全てを引き受ける覚悟を決めた元春。

 放送終了後、SNS上には、「言い訳をしないのは潔い気もするけど、あまりにもふびん」「全ての元凶は元春なんだけどかわいそう過ぎる」「元春ボコボコだったな。確かに殴りたい瞬間は多々あったけど、本当に殴られるとは」「いくら自分がまいた種とはいえ、味方がいないのはしんどい」など、元春に同情する声も多数集まった。

 また、篠原恭介(末澤誠也)と樋口静香(安藤ニコ)の恋にも進展が見られた。篠原が、背の高い樋口にキスをしようと背伸びをする足元が映し出されると「背伸びがかわいい」「キュンキュンだし、幸せ過ぎる」と反響を呼んだ。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定