『俺の家の話』第7話 “さくら”戸田恵梨香、“寿一”長瀬智也に告白の返事迫る

1

2021年03月05日 09:11  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真ドラマ『俺の家の話』第7話場面写真 (C)TBS
ドラマ『俺の家の話』第7話場面写真 (C)TBS
 TOKIOの長瀬智也が主演を務め、宮藤官九郎が脚本を手掛けるドラマ『俺の家の話』(TBS系/毎週金曜22時)第7話が今夜放送。第7話では、寿一(長瀬智也)がさくら(戸田恵梨香)から告白の返事を迫られる。また、息子の親権をめぐる話し合いで元妻・ユカ(平岩紙)を怒らせてしまう。

【写真】笑顔の“さくら”戸田恵梨香 『俺の家の話』第7話より

 無事、家族旅行を終えた観山家一同。往路の息の詰まるような車中とは一変、大合唱をしながらの帰路となった。そして、寿三郎(西田敏行)は帰宅後すぐにリハビリを開始。忙しくなった舞(江口のりこ)と踊介(永山絢斗)はリモート介護に切り替え、稽古場では寿限無(桐谷健太)が体験入門のお弟子さんたちの稽古をつけるという日々が続いていた。

 そんな中、ひとり暇を持て余していた寿一の元に、さくらがやってくる。旅行中にした告白の返事を聞いていないさくらは、寿一からの返事を待っていたのだ。しかし、寿一はその前にと、自分がスーパー世阿弥マシンであることをさくらに告白。話を上手くかわしたかのように思えたのも束の間、さくらから返事を催促され、寿一は返答に窮する。

 日は変わり、元妻であるユカと秀生(羽村仁成)の親権をめぐる話し合いのため、スーツ姿で踊介のミヤマ法律事務所を訪れる寿一。だが、その場でユカを怒らせてしまい…。

 本作は、ピークを過ぎたプロレスラー・観山寿一が、能楽の人間国宝である父の介護のため現役を引退し、名家の長男として家族と謎の女性介護ヘルパーを巻き込んで介護と遺産相続を巡る激しいバトルを繰り広げるホームドラマ。観山寿一役の長瀬、謎のヘルパー・さくら役の戸田のほか、永山絢斗、桐谷健太、江口のりこ、井之脇海、平岩紙、秋山竜次(ロバート)、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、さらに寿一の父・寿三郎役で西田敏行らが共演。元プロレスラーの長州力、現役プロレスラーの勝村周一朗も出演する。

 金曜ドラマ『俺の家の話』第7話は、TBS系にて3月5日22時放送。
    ニュース設定