コロナ禍、リモートで作業を続けた『ラーヤと龍の王国』制作秘話

11

2021年03月05日 10:21  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『ラーヤと龍の王国』3月5日(金)映画館 and ディズニープラス プレミア アクセス 同時公開※プレミア アクセスは追加支払いが必要(C) 2021 Disney and its related entities
映画『ラーヤと龍の王国』3月5日(金)映画館 and ディズニープラス プレミア アクセス 同時公開※プレミア アクセスは追加支払いが必要(C) 2021 Disney and its related entities
 ディズニー・アニメーションの新作『ラーヤと龍の王国』が、きょう5日から映画館&ディズニープラス プレミア アクセスで同時公開。キャスト&制作陣が熱い想いを語る特別映像も解禁された。

【動画】『ラーヤと龍の王国』リモートで制作された?

 本作は、“龍の王国”を舞台に繰り広げられる少女ラーヤの戦いと成長を描く壮大なスペクタクル・ファンタジー。かつては平和な一つの国だったが、邪悪な魔物によって人々が“信じあう心”を失い、バラバラになってしまった龍の王国、クマンドラ。その国で、父を失い、人を信じることをやめて“ひとりぼっち”で生きてきた〈龍の石〉の守護者一族の娘であるラーヤは、分断された王国を救うため、かつて魔物を退けたという伝説の〈最後の龍〉シスーを探し続け、ついに彼女を蘇らせることに成功。しかし、龍の魔力は既に失われており、その魔力を取り戻すため〈龍の石〉を探す新たな旅が始まる。

 そんなラーヤが冒険を繰り広げる舞台<龍の王国>クマンドラは、アニメーションとは思えないような美しい景色が広がり、無限に広がる大地はまるで目の前にその景色が広がっているかのようにリアルに描かれている。

 さらにラーヤによる迫力満載のアクションは、東南アジアの格闘技や武術を取り入れていることが明かされ、激しく剣を振りかざす戦闘シーンが炸裂。全米で”アジア旋風“を巻き起こした『クレイジー・リッチ!』(2018年)への出演で話題となり、本作では、王国を一つにするための唯一の鍵となる伝説の”最後の龍“シスーを演じるオークワフィナも「本作のアニメーションはレベルが違う」と称賛するように、ディズニーにしか成しえない映像が作り上げられた。

 その美しい映像の裏には、リモートで制作に挑むスタッフの姿が。集まって制作できないというかつてない困難な状況の中で、400人以上のスタッフはそれぞれ自宅で作品を完成させるという偉業を達成。まるでラーヤが王国を再び一つにするべく仲間と団結したように、並々ならぬ情熱を注ぐ制作陣が協力しあったことによって、本作を完成させることができたのだ。

 制作陣の熱い想いによって完成した本作をケリーは「今こそ観るべき映画よ」と絶賛。人とのリアルなコミュニケーションが少なくなり、友達や家族となかなか会うことができなくなったこの時代に誕生した本作は、ケリーが「世界を見つめ直す大切さを伝える作品」と語るように、私たちの心を打つメッセージを届けてくれるはず。そして”ひとりぼっち“でも怯むことなく戦い続けるラーヤの姿は、私たちにも前に突き進むパワーをくれるにちがいない。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 手に入れろ♪ ドラゴンボール
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 最近のディズニーアニメって少女(できれば有色人種)の冒険譚っていうのが多い気がする。まぁ、これも時代ってやつだな(;´∀`)
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定