レフトフライかと思ったら…阪神・佐藤輝明が衝撃の一発

11

2021年03月05日 16:30  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真阪神・佐藤輝明選手 (C) Kyodo News
阪神・佐藤輝明選手 (C) Kyodo News
◆ 相手は“モノノフ”石川柊太

 阪神の佐藤輝明選手(21)は5日、PayPayドームで行われているソフトバンクとのオープン戦に「3番・左翼」で先発出場。第1打席にレフトテラス席に運ぶオープン戦第1号を放った。


 佐藤にとっては初めてのオープン戦。初打席で対するは、昨季のパ・リーグ最多勝右腕である石川柊太。この2人は人気アイドルグループ・ももいろクローバーZのファン、通称「モノノフ」としても知られ、佐藤は大学時代にももクロのライブに参加した際、石川と偶然遭遇したことがあったのだとか。そんな縁のある2人による注目の対決は、いきなり大きな見せ場となる。

 二死走者なしでの対決。初球から振って行ってファウルのあとの2球目、外寄りのボールを逆らわずに打ち返していくと、高く舞い上がった打球はレフトの後方へ。石川が飛んだ方向を振り返ると、打球の初速とは裏腹に、あらかじめ後方寄りだった左翼手とフェンスの距離がみるみる内に近くなる。数秒後、ボールを追いかけていた中村晃の背中が完全にフェンスにつき、打球はその頭上。レフトのテラス席に飛び込む本塁打に。ゴールデンルーキーがオープン初打席で初安打、初打点となる初本塁打を放って見せた。


◆ 佐藤輝明・プロフィール

ポジション:内野手
投打:右投左打
身長/体重:187センチ/94キロ
生年月日:1999年3月13日
経歴:仁川学院高−近畿大−阪神(20年・1位)

このニュースに関するつぶやき

  • 振り抜いてるから 入る。後 この球場は、日本で一番球が飛ぶ 異常な位に。。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 味方で良かった。
    • イイネ!9
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定