JR北海道キハ40形「国鉄一般気動車標準色塗装」車両、釧路駅で披露

14

2021年03月05日 20:02  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
JR北海道釧路支社は、2021年度に「花咲線全通100周年」「釧網線全通90周年」「釧路〜白糠開通120周年」「石勝線開通40周年」「釧路駅開業120周年」と多くの「周年」を迎えることから、「周年記念イベント2021」を4月3・4日に釧路駅で開催すると発表した。

「周年記念イベント2021」では、釧路支社管内で運転を続けてきたキハ40形を塗装変更し、かつて北海道内各線区で活躍したキハ22形などの「国鉄一般気動車標準色」にしてお披露目する。「国鉄一般気動車標準色」は1959(昭和34)年から1980(昭和55)年頃まで約20年間、日本全国を走るローカル気動車の一般的な塗装として存在していた。

イベントの目玉企画として、この「国鉄一般気動車標準色塗装」車両に「地球探索鉄道ラッピング」「ルパンラッピング」「流氷(白)ラッピング」車両を連結しての公開を予定している。車内に入ることも可能だという。

公開時間は11時40分頃から12時50分頃とされ、見学には入場券または有効な乗車券類が必要。入場券を購入してホーム内に改札口(有人通路)から入場した場合、先着100名限定(両日)で「釧路駅開業120周年記念バッチ」がプレゼント(1人1個まで)される。

「国鉄一般気動車標準色塗装」車両はお披露目の後、他のキハ40形と同様、根室本線新得〜釧路間を中心に運転される。4月下旬頃には、もう1両の「国鉄一般気動車標準色塗装」車両も運転開始する予定。詳しくは3月下旬、周年記念特設ページにて告知される。

「周年記念イベント 2021」では、他にも道東地域の特産品販売、「釧路駅開業120周年記念」スタンプの設置、鉄道模型大運転会、鉄道に関するなつかし品の展示、鉄道写真展、吹奏楽・蝦夷太鼓による演奏会(協力 : 北海道釧路北陽高等学校・北海道釧路江南高等学校)など実施予定。4月3・4日の11〜16時、釧路駅1番ホームと釧路駅2階のコンコース・ステーションギャラリーにて開催される。(木下健児)

このニュースに関するつぶやき

  • 吉備のノスタルジーとデジャヴ
    • イイネ!6
    • コメント 1件
  • 吉備のノスタルジーとデジャヴ
    • イイネ!6
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定