リュウソウピンク・尾碕真花、アクションできずに悔し泣き 岸田タツヤに恨み節?「みんなにバラされた」

7

2021年03月05日 21:34  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真アクションができずに悔し泣きしたことを明かした尾碕真花 (C)ORICON NewS inc.
アクションができずに悔し泣きしたことを明かした尾碕真花 (C)ORICON NewS inc.
 女優の尾碕真花が5日、都内で行われた映画『騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリー・オブ・ソウルメイツ』(公開中)の舞台あいさつに登壇した。

【動画】『リュウソウジャー』キャスト7人で変身ポーズ&名乗り初披露!

 リュウソウジャーの紅一点・リュウソウピンク/アスナ役を演じた尾碕。公開前は「『キラメイジャー』もやっていて、『ゼンカイジャー』も発表されていた。言ってみたら『リュウソウジャー』は、ちょっと前。飽きられていないか心配だった」と不安もあったというが「みなさん温かい言葉でSNSを賑わせてくれた。うれしかったです」と弾ける笑顔を見せた。

 また、フリップトークでリュウソウジャーの思い出を話すことに。尾碕は18話でのシーンを挙げ「願い石の回で、神社でアスナとバンバとワイズルーの3人でのアクションがあるんですけど、そのアクションがめちゃくちゃ難しくて…。終わったあとに実は隠れて泣いていたんですけど、タツ兄(岸田タツヤ)に『あれ? 真花、泣いてない?』って、みんなにバラされました。恥ずかしかった…」とチクリ。

 岸田は「あんなに悔しい顔って初めて見たぐらい号泣していた」とぶっちゃけ。アクションが得意なバンバ役の岸田とスーツアクターが入っているワイズルーとのシーンで、尾碕は苦戦したそう。「私だけできなくて、もう1回ってなることがあった。すっごい悔しくて…。リュウソウジャーの現場で泣いたのは、あれが最初で最後ですね」と裏側を語り「そこから練習してアクションが上手になっていると思うので見返してください!」とメッセージを送っていた。

 舞台あいさつには、リュウソウレッド/コウ役の一ノ瀬颯、リュウソウブルー/メルト役の綱啓永、リュウソウグリーン/トワ役の小原唯和、リュウソウゴールド/カナロ役の兵頭功海、ガイソーグ/ナダ役の長田成哉が参加した。

 本作は、テレビシリーズ32話と33話の間をつなぐ知られざるリュウソウジャーたちの物語。第32話「憎悪の雨が止む時」でついにガイソーグの呪縛から解き放たれ、リュウソウジャーの一員となるも、翌週第33話「新たなる刺客」で、戦いの末に命を落としてしまったナダ(長田)が残していたビデオメッセージ。「俺、みんなの足引っ張りたくないからちょっと修行の旅に出ようと思ってます」と話したその真意は一体何だったのか。今回の映画で1年以上の時を経て明らかになる。

 同作は、『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』、『機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!』と合わせ、3本立て映画『スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021』として公開されている。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 岸田さん、其処は黙っておいてあげてよ(笑)。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 映画撮影当時は髪を切っていたからウイッグで、対応した模様
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

オススメゲーム

ニュース設定