18歳のMFムシアラがバイエルンと新契約締結…期間は2026年まで

0

2021年03月05日 21:56  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真バイエルンの逸材MFムシアラが新契約にサイン [写真]=Getty Images
バイエルンの逸材MFムシアラが新契約にサイン [写真]=Getty Images
 バイエルンは5日、ドイツ人MFジャマル・ムシアラと新契約を締結したことを発表した。同選手にとっては初めてのプロ契約となり、契約期間は2026年までとなっている。

 ムシアラは2003年2月26日生まれの現在18歳。同選手はナイジェリア人の父親とドイツ人の母親の間にドイツのシュトゥットガルトで生まれ、7歳の時にサウサンプトンのアカデミーに入団した。その後はチェルシーの下部組織へと活躍の場を移し、2019年7月にバイエルンへと加入していた。年代別代表としてはドイツとイングランドの両国でプレー経験があり、A代表ではドイツ代表を選択したことが報じられていた。

 昨年6月に行われた昨シーズンの第33節フライブルク戦でブンデスリーガ初出場を果たし、バイエルンの史上最年少デビュー記録を打ち立てていた。今季はトップチームに定着しており、ここまでの公式戦で26試合に出場し4得点を挙げている。昨年9月に行われた第1節のシャルケ戦では、同クラブのブンデスリーガ最年少ゴール記録もつくっていた。2月23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)ファーストレグのラツィオ戦でも得点をマーク。同ゴールは、バイエルンだけでなく全ドイツのクラブにとってもCL史上最年少での得点となっていた。

 新契約締結に際し、ムシアラはバイエルンのクラブ公式HP上でコメントを残している。

「バイエルンで初めてのプロ契約を結ぶことができて、本当に嬉しい。このクラブは信じられないくらい居心地が良いんだ。僕は世界最高の選手たちとプレーして、毎日のトレーニングで彼らから学ぶことができている。ハンジ・フリック監督、スポーツディレクターのハサン・サリハミジッチ、チーフスカウトのマルコ・ネッペ、そしてクラブ全体が僕を信頼してくれて、早い段階からチャンスを与えてくれた。その信頼に良いパフォーマンスで応え、恩返ししたいと思っている。もっともっと良い選手になって、バイエルンでもっと多くのタイトルを獲得したい。僕の目標はバイエルンの重要な選手になることだ」
    ニュース設定