「週に3日は出張。東京から九州や北海道行っても日帰りです」エンジニア女性が経験したブラック企業

4

2021年03月06日 07:30  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

ブラック企業という言葉を耳にするようになってから久しい。テレビのワイドショーや雑誌、はたまたネットニュースでも頻繁に取り上げられるが、キャリコネニュースにもブラック企業経験者からの声が多く寄せられている。

ITエンジニアの40代女性は「残業代を誰ももらったことのない会社にいました」と語る。給与には月60時間分のみなし残業代が含まれており、「みなし時間を超えた分に対する賃金支給はありませんでした」と振り返る。(文:中島雄太)

【壮絶!ブラック企業体験談】最新記事はこちらから

「上司の事前指示を受けた時しか残業申請できません」


女性が働く会社には20人ほどの社員がいて、そのほとんどが営業とITエンジニアだった。「エンジニアは自社開発のシステム導入のために、全国各地へ出張します。会社は東京ですが、出張先が九州や北海道でも日帰りです」と女性。週に3日は出張のため、必然的に労働時間が長くなるが、

「朝6時に家を出て、夜12時に帰ることもざら。それでも出張時の労働時間は9時から18時となり、早朝から夜遅くまで働いても残業はつきませんでした」

と不満を漏らした。

介護職に従事する20代女性も、残業代のつかない会社で働いている。女性は「『残業代がつくのは残業時間が30分を超えてから』と言われています。さらには上司の事前指示を受けた時しか残業申請できません」と明かす。また「年1回は昇給がある」と説明を受けたが、

「昇給は一度もありません。先輩にも確認しましたが、みんな口を揃えて『昇給などない』と言います」

と告白。ブラックな環境はそれに留まらず、女性は「利用者からの暴力やセクハラの横行。上司、施設長による一部の職員へのえこひいき。嫌いな職員に対するいじめ」と具体例を列挙。「職場の雰囲気は最悪です」といい、退職を決意している。

「うちはブラックだからね」と大笑いをされ「不安しかありません」

教育関係の職場で事務職として働いていた40代女性は、「労働基準法が変わったことから『ここはブラックなのでは?』と気づき始めました」とコメントを寄せる。

自宅から近く、家庭の都合で休める職場環境にはじめは満足していた女性。6年ほど勤め、「同僚はみなさん主婦だし、楽しく働いていました」と振り返る。違和感を覚えたきっかけは些細なことだった。女性が有給休暇を申請すると「そんな制度はない」と返されたのだ。不審に思った女性が「それは労働基準法に引っかかりますよね?」と雑談をしたところ、

「誰かが言わなきゃ問題にはならない。うちはブラックだからね〜」

と大笑い。女性は社会保険も用意されていない職場を不安に感じ、その後退職。現在は別の会社で働いている。

※キャリコネニュースでは引き続き「ブラック企業経験談」や自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを募集しています。

このニュースに関するつぶやき

  • 日帰り出張が普通なのは近場だけ。明らかに往復だけで半日潰れるような日帰り出張はブラックの証。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ちょっと前のIT系管理職はみんなそうだったよ。今はコンプラで拘束時間を記録するからマシになったけどね。拘束時間と証拠を記録して労基に駆け込んでやれ。
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定