【実録】僕たちの恋冷めエピソード「コレで彼女を嫌いになりました」 #1「お店で」

0

2021年03月06日 11:12  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
誰にでも短所はあるので「何でも理想通り」とはいきませんね。

“彼女への愛情が冷めた”と気づいた瞬間 #2「俺は◯◯◯◯じゃない!」

しかし、あまりにひどい発言や行動は彼氏に一瞬で嫌われる原因になることも。

そこで今回は男性の「彼女を一瞬で『嫌い』になった実録エピソード」をご紹介しましょう。

大好きな彼氏に「がっかり」されないよう、ぜひチェックしてみてくださいね。

「いつも甘えん坊で可愛い彼女が『一緒に服を選んで』と言うので買い物にでかけることにしました。

お店で彼女から『どっちが似合うかな?』と聞かれ『どちらも可愛いよ』なんて盛り上がっていたら、店員さんが『何かお探しですか?』と声をかけてきたんです。

その後も『この色違いもありますよ』『それ今人気なんです』と言われても、彼女はずっと無視。

見るに見かねて『どうしたの?』と理由を聞いてみると『いちいち相手にしていたら大変なんだよ』とイラっとした様子で。

確かに自分も経験はあるけれど『返事くらいはするでしょ』と思っていたら、店員さんに『これ私も今日着ているんです』とアピールされた瞬間、彼女が『それならいらない』とボソっとつぶやいたんです。

普通そこまで言わないじゃないですか。あの可愛らしい彼女がまるで別人のようで。その性格の悪さに本性を見た気がしてすぐ気持ちが冷めました」(26歳/大工)

イライラするとつい本音が出てしまうことってありますよね。

でも、彼氏とデートする時は店員さんなどに横柄な態度をとると、そのままの性格だと受け取られることも。

今回は「今日は見るだけです」「もう少し探してみますね」と柔らかい言い回しをすれば店員さんもスッと下がってくれたでしょう。

人に対する接し方は丁寧すぎるぐらいがちょうどいいと覚えておいてくださいね。

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定