広島、完封リレーでOP戦白星発進 大瀬良&九里4回0封、ドラ6矢野は好守連発

3

2021年03月06日 16:14  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真広島・大瀬良大地
広島・大瀬良大地
○ 広島 1 − 0 ヤクルト ●
<オープン戦・マツダスタジアム>

 広島が今季のオープン戦初戦、ヤクルト相手に完封勝利。主力投手たちがスコアボードにゼロを刻み続けた。

 先発マウンドに上がったのは3年連続の開幕投手が決定している大瀬良。右腕は2回、連打を浴び無死一、三塁のピンチを迎えたが、6番・宮本を見逃し三振に退けたあと、続く西田を注文通りの遊ゴロ併殺に仕留めた。3回、4回はテンポ良く3人で片づけ、初回を含め3度の3者凡退斬り。4回53球、2安打無失点、4奪三振無四死球の好投で状態の良さを示した。

 5回からは大瀬良とともにローテーションの軸として期待される九里が2番手として登板。こちらも要所をキッチリと締め、7回からは2イニング連続の3者凡退。4回3安打無失点、4奪三振無四死球の好投で順調ぶりをアピールした。1点リードで迎えた9回は、勝ちパターン入りを狙う3番手の塹江がセーブ締め。3投手で完封リレーを達成し、与えた四死球数はゼロだった。

 守備陣も無失策で投手陣をバックアップ。中でも遊撃で途中出場したドラフト6位の矢野(亜大)が、再三の好プレーを披露した。6回は三遊間深くに飛んだゴロを、矢のようなノーバウンド送球で処理。7回は中堅へ抜けようかという痛烈なライナーを横っ飛びで好捕した。9回にも二遊間を襲ったゴロを軽快なジャンピングスローで処理。売りである守備力を本拠地ファンに披露した。

 打線は4回、この日から一軍に合流し「6番・中堅」で先発出場した西川が、右中間を深々と破る適時二塁打を放ちこれが決勝点。右足首手術からの復活を目指す背番号63は、中堅守備でも無難な動きを披露し状態の良さをアピールした。

このニュースに関するつぶやき

  • オープン戦、それは分かっているけれど  ところで、本当にクロン君は機能するのだろうか?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 大瀬良と九里が無四死球無失点。2人で6奪三振と完璧なピッチング!
    • イイネ!6
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定