楽天、オープン戦で豪華継投 先発・涌井3回無失点、2番手・田中将4回2失点

1

2021年03月06日 17:12  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真楽天・涌井秀章 (C) Kyodo News
楽天・涌井秀章 (C) Kyodo News
○ 中日 2 − 1 楽天 ●
<オープン戦・バンテリンドーム>

 楽天は今季のオープン戦、黒星スタート。試合には敗れたが、開幕ローテーションの軸として期待される2投手が上々の仕上がりを見せた。

 日本ハムとの開幕戦登板が決定している先発の涌井は、初回から走者を背負う投球が続くも3回2安打無失点。2回に一死満塁のピンチを招くなど計3四球と制球に苦しんだが、要所で粘りゼロを並べた。

 4回からは開幕2戦目の登板が決まっている田中将が2番手として登板。4回は5番・高橋周、続く平田を連続三振斬り。5回は9番・根尾を二ゴロに仕留めるなど2イニング連続で3者凡退に斬った。6回もテンポ良く二死を奪ったが、4番・ビシエドに左中間突破の二塁打を許したあと、続く高橋に同点となる中前適時打を浴びた。代走・三好に二盗を許したあと、6番・平田には適時二塁打を右翼線へ。二死からの3連続被安打で1−2と逆転された。

 7回も四球と盗塁で無死二塁のピンチを招いたが、根尾と途中出場・武田を連続三振に退けるなど無失点。田中将は4回70球、3安打2失点、6奪三振1四球の内容で復帰後3度目となる実戦登板を終えた。

 攻撃陣は1点しか奪えなかったが、打撃好調の1番・辰己が2本の長打でチャンスメイク。1本目は左翼フェンス直撃の二塁打、2本目は左中間突破の二塁打と、いずれも逆方向へ力強い打球を飛ばした。

このニュースに関するつぶやき

  • 田中はバットに当てさせるピッチングだから前と違ってドミネイトと言う訳には行かないだろう。。まだ精度は上がるだろうが。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

ニュース設定