JR北海道、釧路支社のキハ40形を「国鉄一般色」に 4月3日からお披露目

7

2021年03月06日 17:31  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

JR北海道は、釧路支社管内で運行しているキハ40形気動車2両を、かつて道内で活躍したキハ22形等で採用していた「国鉄一般気動車標準色」に塗り替える。

2021年度に、花咲線全通100周年、釧網線全通90周年、釧路〜白糠開通120周年、石勝線開通40周年、釧路駅開業120周年を迎えることを記念したもの。「国鉄一般気動車標準色」は、1959年から1980年頃までの約20年間、全国のローカル気動車の一般的な塗装として存在していた。1両は4月3日・4日に釧路駅でお披露目会を行い、その後、根室本線の釧路〜新得間を中心に運行。もう1両は4月下旬頃に運行を開始する。

お披露目会は両日午前11時40分から午後0時50分頃まで。「国鉄一般気動車標準色」のキハ40形に、「地球探索鉄道ラッピング」、「ルパンラッピング」、「流氷(白)ラッピング」のキハ54形3両を連結して1番ホームに展示する。車内に入ることも可能。

JR北海道は主に50代以上の人に向けて、「ノスタルジーを感じ、楽しんでいただけるのではないか」とアピールしている。

このニュースに関するつぶやき

  • 確か郵便車か荷物車でこのパターンがあったハズだけど、やっぱり運転台窓の高いキハ40がこの塗色だとパチモン感は否めない。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • これが一番良いよね
    • イイネ!2
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定