山下美月、秋元真夏、DJ松永ら大興奮『あざと連ドラ完全版上映会』配信

6

2021年03月07日 02:38  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『「あざとくて何が悪いの?」 あざと連ドラ完全版上映会』TELASA(テラサ)で独占配信
『「あざとくて何が悪いの?」 あざと連ドラ完全版上映会』TELASA(テラサ)で独占配信
 山里亮太・田中みな実・弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)の3人が《あざとさ》について語り合う、テレビ朝日系バラエティー『あざとくて何が悪いの?』(毎週土曜 後9:55〜10:25※一部地域を除く)。同番組内で全6回にわたって放送されてきた《あざと連ドラ》が、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で『あざと連ドラ完全版上映会』として独占配信開始となった。

【写真】あざとかわいくドリンクを飲む山下美月

 この『あざと連ドラ完全版上映会』には、《あざと連ドラ》の主演・山下美月(乃木坂46)をはじめ、秋元真夏(乃木坂46)、DJ松永、ラップユニット「chelmico」が参加。吉村崇(平成ノブシコブシ)の司会のもと、全員で《あざと連ドラ全話》を鑑賞しながら、言いたい放題(!)語り合っている。

 「あざとい女性は幸せになれるのか?」をテーマにした《あざと連ドラ》では、あざと女子道をまい進してきた女子大生・さくら(山下)が、《あざとい》が通用しないミステリアスな後輩・ツバサ(Kaito)の出現で、心が揺れていく様子を描写。《あざカワ》と《飾らない自分》との間で葛藤し、本当に幸せな恋や生き方そのものを模索するさくらの姿は、視聴者の共感を呼んだ。

 その一方で、ツバサはもちろん、さくらにあざカワ人気女子でいることを強要し続ける彼氏・エイト(佐伯亮)や、さくらと読書を通じて意気投合した地味男子・浅野(浦谷賢充)ら、男性キャラクター陣にも熱い注目が集まった。『あざとくて』のMC陣=山里&田中&弘中も毎度、男性キャラクターたちに本気で胸キュンしたり、猛烈な怒りを覚えたり…と、盛り上がりまくっていました。

 『あざと連ドラ完全版上映会』でも、スタジオ出演者がドラマを見ながら、あふれる思いを胸の内に収められない状態に。ツバサの言動に引っかかったDJ松永は「厄介。ちょっとズルいんですよ!」と牙をむいたかと思うと、買ってきたコーヒーでさくらの頬をポンッとするツバサに対して「危ないよ、火傷するだろ!」と、珍ツッコミ。さらに、秋元が「エイト、イヤなヤツすぎません?」と物申すと、なぜか吉村がエイトを擁護するという、予想外の展開に。

 そんな中、地上波MC陣からも視聴者からも、回を増すごとに注目度が上がっていたダークホース・浅野が、『完全版スペシャル』でも瞬く間に“ときの人”に。浅野が登場するたび、スタジオ出演者からは「浅野―! 浅野―!」と、スポーツ観戦ばりの大歓声が沸き起こった。

 さらに『あざと連ドラ完全版上映会』では、山下が《あざと連ドラ》の裏話をたっぷり紹介。あの《あざと演技》は山下のアドリブ的芝居から生まれた!? 浅野は第1話の撮影時、役名がなかった!? などの秘話が続々と明らかになる。

 エンドロールは何と2パターンあり、《あざと連ドラ》のNG集やオフショットを大放出するパターンに加え、“山下美月限定特別編”も制作。彼女が逆オファーでレギュラー初回出演を勝ち取り、あざと連ドラ主演にまで至った歴史を網羅している。

■山下美月(乃木坂46) コメント

――『あざと連ドラ完全版上映会』を収録してみてのご感想をお聞かせください。

【山下】《あざと連ドラ》への出演が決まった時は、すごくうれしくて…! 実は私、『あざとくて何が悪いの?』は毎週2回ずつ見ていますし、あざとい女子の再現ミニドラマでほかの女優さんたちの演技を研究して、「次は私もこの《あざとい》を出してみようかなぁ」とインプットしているんですよ。だから、「その成果をここで発揮しなきゃ!」と意気込んで、さくらちゃんを演じてきたんです。でも、まさかここまで視聴者の皆さんの熱が盛り上がって、『完全版上映会』という企画まで実現していただけるとは思ってもいなくて…! 本当に見てくださった皆さんのおかげだなぁ、と今日改めて思いました。

 収録では皆さんのお話を聞きながら、「確かに誰かと一緒に見ながら、いろいろ意見を言い合いたくなるドラマだな」と思いました(笑)。特に、「女性のあざとさがあまり分からない」というDJ松永さんの言葉は一つ一つ刺さるというか…(笑)、目線が新鮮で面白かったです。吉村(崇)さんみたいなイケイケな方のコメントにも「なるほど! 意外!」と、驚きや新発見がありました。

――今回は乃木坂46の先輩・秋元真夏さんも出演されましたが…?

【山下】乃木坂のキャプテンがわざわざスタジオに来てくださるなんて…ありがたかったです! 真夏さんはグループ内でも、《あざとい》という言葉を最初に使い始めた先輩。真夏さんがいらっしゃるからこそ、私もグループで《あざとい》をまっとうできるんです。しかも、真夏さんはただ《あざとい》だけじゃなくて、いろいろ考えながら動いてらっしゃる方だから、いろんな意味で素敵な《あざとい》だなって思います。

――ちなみに、《あざと連ドラ》の現場で一番あざとかったのは、どなたですか?

【山下】え〜っ、難しいなぁ! そこまで《あざとい》と思う人はいなかったですけど、年下であるKaitoくんの《素直な後輩らしさ》は印象的でしたね。実はKaitoくん、現場で「僕、お芝居にはちょっと苦手意識があって、本当に緊張してるんですよ…」と正直に話してくれたんです。そう言われると「頑張って!」って思っちゃうじゃないですか(笑)! 後輩として“いいところ”を出してらっしゃるなぁ、と思いましたね。

――最後に、視聴者へメッセージをお願いします。

【山下】毎回SNSなどを通して、たくさんの方が《あざと連ドラ》で盛り上がっている様子をリアルタイムでチェックさせていただいていますし、すごくうれしい気持ちでいっぱいです。「TELASA(テラサ)」の方でも、いろいろな視点からツッコんだり、「これはこうじゃない?」みたいな議論をしているので、ぜひ一緒に盛り上がっていただきたいです!

<『「あざとくて何が悪いの?」 あざと連ドラ完全版上映会』 配信概要>
配信日時: 2021年3月6日(土)、『あざとくて何が悪いの?』放送終了後から独占配信スタート!
配信URL: https://www.telasa.jp/series/10582

このニュースに関するつぶやき

  • 真夏みたいに性格が良かったり、美月も実は真面目みたいだし、そういう子のやる「あざとい」は面白味もあって良いと思う��(��)ただモテたいとか異性に色目を使いたいだけの「あざとい」は嫌われるだけだけど(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 可愛い子がやるなら許します�Ԥ��Ԥ��ʿ������� https://mixi.at/a4XuxRs
    • イイネ!2
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定