納豆にはコレをちょい足し!“おいしさ最強”食材&簡単アレンジ料理

171

2021年03月07日 10:41  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
納豆にちょい足しするものといえば、何を思い浮かべますか?

【業務スーパー】超おすすめ「冷凍食品」! 買っておくと便利な“時短アイテム”を厳選♪

「やっぱり添付のたれが一番!」「生卵が最高」「ねぎは絶対外せない!」など、人それぞれ好みがあるでしょう。

そんな中、納豆にちょい足しすると、おいしいだけでなく、栄養的にもプラスになるもの、知りたくありませんか?

そこで今回は、管理栄養士で発酵食スペシャリストの矢崎海里さんに、栄養的にお得になる納豆へのちょい足し術を伺いました。

■納豆にちょい足しすると栄養的もおトクになる食材って?

■1: ねぎ

矢崎海里さん(以下、矢崎)「納豆は、さまざまな栄養素をバランスよく含んでいますが、ビタミンCを補うことができません。

その分、ねぎをプラスすることでビタミンCを補うことができ、栄養バランスがとれます。他にアボカドなどもビタミンC含有量が多く、納豆との味や食感の相性が良いため、おすすめです」

■2: しらす

矢崎「納豆にはカルシウムが含まれていますが、カルシウムはビタミンDによって吸収が高まります。そのため、ビタミンDを含む食材を一緒に摂るとおトクです。

おすすめなのが、しらす。魚にはビタミンDが多く含まれており、納豆との相性が特に良いからです。

ただ、しらすは塩気が強いので、納豆のたれの量を調節するなど、工夫をしましょう」

■3: 大根

矢崎「納豆を食べると、鉄も補うことができます。ただし納豆に含まれている鉄は、肉や魚に含まれる鉄と比較すると吸収されにくいのが難点です。そのため、吸収率がアップするビタミンCを一緒に摂るのがおすすめです。

先ほどのねぎやアボカドでも良いですが、他には大根もビタミンCを多く含むため、おすすめです。

すりおろした大根おろしも良いですし、大根の葉にはビタミンCが豊富に含まれているので、細かく刻んで混ぜて食べると食感も良く、おいしく食べられますよ」

■4: 焼き海苔

矢崎「妊娠中、胎児の発育に重要とされている葉酸も、納豆には多く含まれています。

葉酸はビタミンB12と相性がよく、ビタミンB12を含む海苔を一緒に補うことで、効果を発揮します。焼き海苔や韓国海苔などで納豆を巻いて食べたり、青のりを加えたりするのもおすすめです」

■5: キムチ

矢崎「キムチもちょい足しにおすすめです。納豆に含まれる食物繊維には、排便促進など、さまざまな働きがあります。

その納豆に、発酵食品の仲間であるキムチを足すことで、食物繊維と同じく腸内環境を整える手助けをしてくれます」

■おすすめの納豆アレンジ料理

ここまでご紹介した5つの食材は、納豆にちょい足しするだけでもお得ですが、これらの食材を使ってさらにアレンジすることもできるんです。

矢崎さんは、次の2つの納豆アレンジ料理を教えてくれました。

■1: 納豆ネバネバ丼

矢崎「ごはんの上に納豆、しらす、オクラをのせるだけの超簡単丼ぶり。

オクラは解凍するだけで食べられる、冷凍輪切りオクラが手軽でおすすめです。

さらに、お好みで温泉卵をのせたり、めかぶや長芋、モロヘイヤなど、他のネバネバ食材と合わせてもおいしく食べられますよ」

■2: 納豆おろしパスタ

矢崎「ゆでたパスタに納豆、大根おろし、めんつゆを加え、青ねぎを散らした和風パスタです。

大根おろしや納豆の成分は熱に弱いため、加熱せず、ゆでたパスタに加えるのがポイントです」



何気ない日々の納豆のちょい足しも、栄養を考えて行えば、おいしいだけでなく、家族の健康もキープできそう。ぜひ積極的に取り入れましょう!

家族皆で好みの味を探してみるのも楽しいですよ。

【取材協力】矢崎 海里さん
管理栄養士・発酵食スペシャリスト。大学卒業後、企業で管理栄養士として働く傍らWebメディアでコラム執筆、レシピ作成などを担当。

このニュースに関するつぶやき

  • 納豆に玉葱のみじん切りを入れると美味しいらしい��������(まだ試してない)食べたことある人〜感想をお聞かせください���ʥѡ���(*≧∀≦*)…
    • イイネ!4
    • コメント 10件
  • 納豆は、シンプルに醤油とおろしニンニク少々でも上手くなりますね。味付けよりも、豆の大きさね。人気の小粒は、俺に言わせれば邪道です。付属のタレも邪道。タレ無しで安いので十分です。
    • イイネ!30
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(90件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定