週間 天気が周期的に変化 日ごとに気温アップ スギ花粉が非常に多く飛ぶ

3

2021年03月07日 14:11  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真週間 天気が周期的に変化 日ごとに気温アップ スギ花粉が非常に多く飛ぶ
週間 天気が周期的に変化 日ごとに気温アップ スギ花粉が非常に多く飛ぶ

あす8日(月)からの一週間は、天気が短い周期で変わるでしょう。晴れる日は春本番の暖かさになり、桜のつぼみも膨らみそうです。また、この暖かさで、週中ごろからは東海や関東を中心に花粉が非常に多く飛ぶでしょう。万全の花粉対策をなさってください。



●今週の天気 周期的に変わる


あす8日(月)から9日(火)にかけて、本州の南の海上を低気圧が通過し、10日(水)には日本の東へ離れていくでしょう。
陸地から少し離れた所を通る予想で、雨が降るのは九州から関東など、太平洋側が中心になります。関東はマークにはありませんが、あす8日(月)から9日(火)の午前中にかけては、雨の降る可能性があります。
また、12日(金)から13日(土)も、本州の南を低気圧が通過する見込みです。
九州から関東を中心に雨雲がかかるでしょう。低気圧の通るコースによっては、雨の降る範囲や雨の降り方が変わってきますので、今後も気象情報をチェックなさってください。


●今週の気温 寒暖の差は? 桜の開花は?


あす8日(月)から一週間は、天気の変化は早いですが、強い寒気の南下はなさそうです。
今週は春の空気が優勢で、最高気温は全国的に平年並みか高い予想です。特に、九州から東海では15℃以上の日が多く、季節はグッと進むでしょう。
tenki.jpの開花予想(第4回)によると、桜の開花も平年より早く、開花のトップは福岡や高知で13日になっています。福岡の最高気温は、15℃を超える日がほとんどで、20℃くらいまで上がる日もあるでしょう。
関東は週前半は平年並みか平年より低いですが、週末は15℃を超え、4月上旬並みの所が多くなりそうです。東京の桜の開花予想日は15日です。今週は、桜のつぼみは順調に成長していきそうです。
なお、晴れる日は一日の気温の差が大きくなりますので、服装選びにご注意ください。


●今週後半 スギ花粉が非常に多く飛ぶ所も


この先も、東海や関東甲信を中心にスギ花粉の飛散のピークが続くでしょう。
あす8日(月)以降も、スギ花粉が「多く」または「やや多く」飛ぶ所がほとんどでで、気温がグンと上がる10日(水)からは東海、関東甲信で「非常に多く」飛びそうです。
北陸や東北南部でも、だんだんと本格的に飛散し、「多く」飛ぶ日が増えてくるでしょう。
花粉対策は、引き続き、しっかりとなさってください。マスクに加え、メガネを使用したり、花粉のつきにくい素材の衣類を選びましょう。
また、室内には花粉を取り込まないよう、洗濯物を外に干した際は、花粉をよく払ってから取り込むなど、心がけてください。


このニュースに関するつぶやき

  • 暖かくなってもキチンと自粛しろよ、愚民どもw!
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定