<福岡5歳児“餓死”事件>ママ友・赤堀恵美子容疑者、碇容疑者の長男・次男にも「虐待」か

4

2021年03月07日 21:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真“ママ友”の赤堀恵美子容疑者
“ママ友”の赤堀恵美子容疑者

「昨春の事件後、きれいな服装をして福岡市へ向うバス停に立っていた碇(いかり)容疑者を見ました。悲しそうなようすもなくて、何をしていたのか……」

 碇利恵容疑者(39)と同じマンションの住人は首をひねる。

 昨年4月、福岡県篠栗(ささぐり)町で碇容疑者の三男・翔士郎(しょうじろう)ちゃんが餓死した事件は3月2日に急展開。保護責任者遺棄致死の疑いで碇容疑者と、“ママ友”の赤堀恵美子容疑者(48)が逮捕された。

 2人は、それぞれの子どもたちが通っていた幼稚園で、5年前に知り合っていた。

「碇容疑者に”狙い”を定めた赤堀容疑者は、巧みに取り入り、一種のマインドコントロールの状態に。碇容疑者の夫の浮気をデッチ上げて調査費をだまし取るなど、合計で1000万円以上の詐取(さしゅ)とも報じられています。

 碇家の生活を支配して困窮させ、主に赤堀容疑者の指示で翔史郎ちゃんを栄養失調にして、最悪の結果となりました」(地元メディア記者)

 赤堀容疑者は、碇家の生活保護受給費や児童手当だけでなく、フリマアプリや消費者金融でも金を工面させ、翔士郎ちゃんの葬儀代もだまし取っていたという。

 冒頭とは別の住人が語る。

電気、ガスなども止められていたようです。スマホも止められて、近所のコンビニへ行って、無料Wi-Fiをつなげて使っていたようです

 支配は生活全般におよび、夫と離婚させ、翔士郎ちゃん幼稚園から退園させるなど、すべてを奪い尽くした。

 そんな赤堀容疑者に碇容疑者は、

赤堀さんにだまされた。子どもを守ってやれなかった

 と後悔し容疑を認めたが、赤堀容疑者は全面的に否認。 

 次々と“悪事”が報じられるなか、本誌の取材でも新たな疑いが明らかになった。

兄2人は児童相談所を通して支援施設に預けられるかもしれない。すでに小学校を転校しているけど、トラウマが残り、イジメにあうかもしれないので多くは語れない

 捜査関係者が言葉を濁しながらも「トラウマ」に触れたように、翔士郎ちゃんの兄たちも虐待を受けていたようなのだ。赤堀容疑者は碇容疑者に対して、翔士郎ちゃんに「優しくするな」「飯を与えるな」などと指示していたので、

2人の兄はもっとやんちゃで食べ盛りなので、赤堀は厳しくしつけていたようです」(両容疑者の知人)

 さらに赤堀容疑者は、

バックにヤクザがいる

ボスが(監視カメラで)見張っている

 と架空の人物をデッチ上げ、碇容疑者を支配していたが本物の“黒幕”の存在が囁(ささや)かれている。別の捜査関係者が話す。

「赤堀の夫が妻の容疑について、まったく知らなかったとは考えにくい。碇から詐取した金をブランド品などに使ったと報じられたが、大半は生活費に回っているよう。家族が知らなかったはずがない」

 昨春の事件後も金をだまし取っていた赤堀容疑者は、昨年9月ころ、篠栗町にあるオートロックの3LDKで月6万5000 円のマンションに、夫や3人の子どもと引っ越していた。赤堀容疑者は無職の一方で、夫は定職に就いているがそれほど高収入ではないそう。

碇容疑者の元夫の浮気調査代のデッチ上げも、かなり綿密に計画されたようだ。共犯者がいる可能性もある」(前出・記者)

 家族ぐるみの犯罪となれば、路頭に迷う子どもがさらに増えてしまうことになる。

このニュースに関するつぶやき

  • 早く亭主もショッぴけよ(-"-;)…週刊女性の記事なのが気になるが���顼�áʴ���
    • イイネ!5
    • コメント 1件
  • 早く亭主もショッぴけよ(-"-;)…週刊女性の記事なのが気になるが���顼�áʴ���
    • イイネ!5
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定