年収1000万円以上だけど激務な人の声「残業は月200時間。死にます」「平日は寝るだけのために家に帰る生活です」

37

2021年03月08日 07:30  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

世の年収1000万円プレイヤーの中には、業務量の負担が大きすぎることに不満を感じている人も少なくない。そのバロメーターといえるのが、月間の残業時間だ。キャリコネニュース読者からは「年収1300万円で、月の残業は100時間ぐらい」(20代男性/群馬県/不動産・建設系)という声が寄せられている。

都内に住む30代男性(正社員)に至っては、

「年収1000万円ですが、残業は月200時間。死にます」

と凄絶だ。200時間といえば、標準的な月間勤務時間に近い。それだけ酷使されたら、健康を損ねないか心配になってしまう。他の年収1000万円以上で激務の人の投稿も見ていこう。(文:鹿賀大資)

激務と家事との両立で「休む暇はまるでない」

「休日はほとんどない。残業は月80時間」と語るのは、メーカーに勤める都内の40代既婚女性(年収1100万円)だ。激務にもかかわらず家事の大半を担当しているため、女性は「休む暇はまるでない」と不満をもらす。

神奈川県の40代男性(IT・通信系)は、歩合込みで年収1800万円。休日出勤が多く「残業は軽く月60時間超え。夏休みも取れない」と打ち明ける。

不動産・建設系の会社に勤務する、福岡県の40代男性(年収1100万円)も土日出勤が日常茶飯事。また、その出勤分を当月内で振替就業しなければならず「コアタイムをわざと外して出社しています」と綴っている。

「遠出もできません」

愛知県の40代男性(年収1000万円)は「土日は基本的に休みなので、まあまあリフレッシュできています」という。ただ、毎月の残業は平均80時間ほどで「平日は寝るだけのために家に帰る生活です」と嘆く。平日は激務だが休日に羽を伸ばせるため、何とかバランスを保てているのだろう。

神奈川県の40代男性は年収1800万円だが、盆や正月の長期休暇とは無縁のワークスタイル。休日も職場から連絡があれば出勤せざるを得ず「遠出もできません」とこぼしている。

ほかには、

「外資系企業で働いています。ほぼテレワークで自宅にいるため、比較的自由に時間を使えます。ただ時差や仕事量の都合上、夜中もパソコンに向かっていることが多いです」(40代男性/愛知県/IT・通信系/年収2400万円)

という声も寄せられている。

※キャリコネニュースでは引き続き【読者投稿】年収1000万円以上で激務の人や自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを募集しています。

このニュースに関するつぶやき

  • 聞いて驚いたのが「暇になったからやっと終電帰られる」
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • ただただ収入の自慢にしか聞こえない
    • イイネ!21
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(29件)

前日のランキングへ

ニュース設定