NHK・桑子真帆アナ、「FLASH砲」受けて独立説浮上! キーマン・タモリはどう動くのか?

0

2021年03月08日 10:02  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

 俳優・小澤征悦との年内結婚説が報じられているNHKの朝の顔・桑子真帆アナ。1月下旬に発売された写真週刊誌「FLASH」(2月2日号)で“超肉食素顔“が報じられても、交際は順調なようだが、あまりの衝撃的な内容に、桑子アナのフリー転身説が再燃している。

 「桑子アナは、ニュース番組『おはよう日本』のMCを務め、NHKの“朝の顔“と言われる存在です。過去のこととはいえ、かつての交際男性による肉体関係や三股交際の告白は衝撃的でした。今のところNHKは静観していますが、以前から桑子アナと折り合いが悪い上層部は苦々しく思っているでしょう。そこで、NHKに居づらくなった桑子アナがフリーに転身し、“何かあったら相談に乗る“と話していたタモリの事務所に移籍するという噂が現実味を帯びてきているんです」(芸能プロモーター)

 2012年にNHKに入局した桑子アナは、地方局を経て15年に、東京のアナウンス部に異動。その年の4月からスタートした『ブラタモリ』でタモリのアシスタントに抜擢された。

 「そこで、タモリから『桑子は物怖じしないどころか、ツッコミを入れてくるタレント性も持ち合わせている。彼女は化けるよ』と絶賛されたことで、芸能プロダクションによる争奪戦が展開されました」(前同)

 フリー転身を恐れたNHKは、桑子アナを『ニュースウォッチ9』のメインキャスターに大抜擢したうえ、『紅白歌合戦』の総合司会にも起用して、フリー転身を食い止めた。

 ところが、18年平昌冬季五輪の開会式中継で、“開会式”を“閉会式“と言い間違えるなどで味噌がついて以降、上層部との折り合いが悪くなったという。

「さらに私生活では、17年に結婚したフジテレビの谷岡慎一アナと、1年持たずに離婚しました」(前同)

 昨年からは、『おはよう日本』の平日を担当する和久田麻由子アナウンサーと、平日夜の『ニュースウォッチ9』を担当してきた桑子アナが担当番組を入れ替わったが、この頃から桑子アナのフリー転身説が再燃し始めた。

 「もっとも、桑子アナがその後、世界的指揮者・小澤征爾の長男である小澤征悦と交際。NHK上層部の桑子アナに対する見方にも変化が生じ、昨年、『紅白』の総合司会に復帰させたことで、フリー転身説は消滅しました」(前同)

 ところが、桑子アナの大学時代の交際相手と名乗る男性が、「FLASH」に桑子アナとの関係を告白したことで、また状況が一変したという。

「この男性は、東京外国語大学の先輩で、彼女が1年生だったときから9年間、肉体関係があったと告白しているんです。しかも、交際中、桑子アナが複数の男性と浮気していたことも暴露。にわかには信じがたい内容ながら、“不倫デート“との文字が入ったツーショットほか、桑子アナが男性から頬にキスされるプリクラも掲載されていました」(前同)

 この報道に桑子アナは沈黙。NHKも静観したことで、この一件は不問に付されたと思われたが、桑子アナは針のむしろ状態だという。

 「救いといえば、この一件で小澤との関係にヒビが入らなかったことぐらいで、桑子アナがNHKに居づらくなったの間違いないでしょう。過去のプライベートを持ち出された彼女は被害者ともいえる立場ですから気の毒ですが、そんな中で今後の去就の鍵を握るのは、『いつでも相談に乗る』と声をかけていたタモリだと見られています」(前同)

 タモリが所属する田辺エージェンシーの田邉昭知社長は、スキャンダルで日本テレビを追われるように退社した夏目三久アナを、見事再生させている。

「田邉社長は高齢ですが、いまだにテレビ局には絶大な影響力を持っています。業界では、桑子アナは田辺に移籍するという情報がくすぶっていますよ」(前同)

 小澤との結婚に加え、桑子アナのフリー転身が注目される。

    ニュース設定