中村憲剛、震災と向き合った10年。「もう、支援ではないのかもしれない」

0

2021年03月08日 11:31  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

『特集:東日本大震災から10年。アスリートたちの3.11』
第6回:中村憲剛

 東日本大震災から、間もなく10年が経とうとしている----。現役を引退し、川崎フロンターレのFRO(フロンターレ・リレーションズ・オーガナイザー)として新たな一歩を踏み出した中村憲剛は、10年という年月を振り返る。

「人によって、"もう10年"と感じる人もいれば、"まだ10年"と感じる人もいると思いますが、僕自身はどちらの思いもあります」




 中村はクラブとともに、被災地である岩手県陸前高田市への支援と交流を続けてきた。

 現役最後の2020年はコロナ禍もあり足を運べなかったが、自身の引退セレモニーに陸前高田の人たちが駆けつけてくれた経緯からも、絆の深さはうかがい知ることができる。2月には『報道ステーション』の企画で、1年半ぶりに陸前高田の町に赴いたという。

 そこで感じた、"もう"と、"まだ"だった。

「陸前高田に行くと毎回、少しずつですが、前に進んでいることを感じるんです。新しい建物ができて、徐々にですが町並みが形成されていく。どんどん町が新しい形になっていくんです。

 スポーツ施設にしても、野球場ができていたり、人工芝のサッカー場ができていたりして、流されてしまった前の町とは別の顔を持ち始めている。もともと住んでいた方たちにとっては寂しさがあると思います。そう思う一方で、町並みができ、人が集まる場所ができてくると、やっぱり賑わいも感じるんです」

 新たな建物や施設、そこに集う人々の活気に触れ、中村は「もう10年」を実感した。

 一方で、毎年のように足を運んできたから感じる「まだ10年」という思いもある。

「それでも、空いている場所がまだまだ多いんです。2011年に僕らが初めて陸前高田に足を運んだ時は、本当にあたり一面が瓦礫の山でした。奇跡的にいくつかの建物が残っていたくらいで。あの頃を思い返せば、『10年でよくぞここまで』という思いもありますけど、それでもやっぱり10年では埋まり切らない場所もあれば、思い、記憶もあるんだろうなと感じざるを得ないんです」

 中村と陸前高田の関係は、『算数ドリル』から始まった。震災ですべての教材が流されてしまったことから、陸前高田市の小学校で教諭をする濱口智先生が、各方面に「教材を届けてほしい」と連絡していたところ、クラブのプロモーション部で働く天野春果(現・タウンコミュニケーション部長)とつながった。

 クラブは2009年から市内の小学校に向けて『算数ドリル』を製作・配布していたこともあり、天野は800冊を送ることを決断。表紙になっていた中村に、800冊すべてにサインを書いてほしいとお願いしたのである。中村も天野の申し出を快く引き受けると、即日でサインを書き上げた。

「震災のあと、自分としても何かをしたい、力になりたいという気持ちは強かったんです。だから、天野さんから連絡をもらった時も、『自分にできることがあるなら』と、家まで算数ドリルを持ってきてもらったんです。自分がサインを書くことで、子どもたちが少しでも笑顔になってくれるならば、という思いで一心不乱に書きました」

 それがきっかけとなり、震災から半年が経った2011年9月、中村は初めて陸前高田へ足を運んだ。川崎フロンターレのすべての選手たちが参加して、サッカー教室を開催したのである。

「算数ドリルにサインを書いたり、クラブとしては『Mind-1ニッポンプロジェクト』として、いろいろと取り組んでいたりしましたけど、個人的には、自分たちがやっていることは、果たしてみなさんの助けになっているんだろうかと考えていたんです。

 だから、陸前高田に初めて向かう時も、僕らが現地に行って何ができるのか、そもそも行っていいのか......自分の存在意義について、疑問を感じているところがずっとありました」

 向かう車中では、そうした思いを抱いていたという。バスが山道を抜け、被災した陸前高田の町に入ると、その思いはより一層増した。

「今でも覚えていますけど、現地について濱口先生が当時の映像を見せてくれました。その時に、地元の人たちの声を涙ぐみながら話されているのを聞いて、それぞれが震災というものを目の当たりにしたんです。

 自分たちも震災を経験していたとはいえ、被災地のみなさんからは遠く離れていましたし、何不自由ない生活を送れていた。でも、実際に現地に行き、見聞きしたことで震災というものが一気に目の前に飛び込んできたんです。

 僕だけではなく、その場にいた選手たちも、それぞれに思うところ、感じることはあったと思いますし、言い方は悪いかもしれないですけど、実際に被災地の光景を見たり、話を聞いて、やはり少し雰囲気が落ちてしまったんですね。

 それでも、陸前高田の人たちが『今日はみなさんが来てくれるのをすごい楽しみにしていたんですよ』と言ってくれたんです。それで、どこからともなく『俺たちが暗い顔をするわけにはいかないよな』『今日は元気よくやろう』と声をかけ合って、僕らは子どもたちの前に立ったんです」

 楽しそうにボールを蹴る子どもたちの姿を見て、はじめて中村は『来てよかったんだ』と実感したという。

「最初から一生懸命にボールを蹴る子どももいれば、心ここにあらずという子どももいたんですけど、サッカーをしているとボールに集中するから、その瞬間だけは、頭がサッカーのことでいっぱいになって楽しそうにしてくれたんですよね。

 その表情を見て、僕らは救われたというか。ボールを蹴ることで少しでも忘れられたのであれば、僕らが来た意味はあったのかな、と思えたんです」

  サッカー教室を終えて帰るとき、子どもたちから「もう帰っちゃうの」と言われたこともまた、心底うれしかった。先生や保護者から「また絶対に来てください」と言われたことで、抱いていた感情は杞憂にすぎなかったと思い直すことができた。

「そう言ってくれた陸前高田の人たちの気持ちが嘘じゃなかったということは、10年間、僕らの関係が続いてきたことで証明されたと思っています。あの時、本当に『ありがとう』って思ってくれたから、次の年も僕らは呼んでもらえましたし、今も続いていると思うんです」

 関係性は、決して一方通行ではなかった。

 自分たちが赴くだけでなく、陸前高田の子どもたちを招いて、ホームゲームを観戦してもらった。2015年には陸前高田市とクラブが友好協定(高田フロンターレスマイルシップ)を結ぶと、現地の方々がフロンターレのホームゲームで物産を販売する「陸前高田ランド」、翌2016年には現地にて「高田スマイルフェス2016」を開催。

 ほかには、クラブハウスで中村をはじめ選手たちが水をあげた苗が、サポーターの手によって陸前高田の地に植え替えられた。『ふろん田』と名付けられたその田んぼで収穫された米は、『青椿(あおつばき)』という名の日本酒として販売されるなど、クラブと町の交流は続いている。

「今日までの関係性を語るうえで外せないのは、クラブと陸前高田市が友好協定を結んだことですよね。翌年、津波で瓦礫があった場所に作られた芝生のグラウンドで、3000人もの人が集まるイベントが開催できたことは、自分としてもうれしかった。あとは毎年、毎年、子どもたちの成長が見られることも、自分のなかでは楽しみでした。

 本当に徐々に、徐々にですけど、回復していく町並みと子どもたちの成長、それを見られたことが幸せでした。本来、僕らが元気や勇気、力を与えにいく側なんですけど、結局、毎回、僕らが力をもらって帰っていましたからね」

◆柏原竜二は震災後の箱根駅伝で区間新。恩師2人の言葉と東北への想いを胸に走った>>

 Jリーグの百年構想のひとつに「地域密着」がある。川崎フロンターレは川崎市をホームタウンとするクラブではあるが、陸前高田との歩みに、クラブと地域のあるべき姿を見た気がした。そう伝えると、中村も深くうなずいた。

「きっと発想としては一緒ですよね。フロンターレは川崎市のチームですけど、陸前高田でも同じように活動していく。でも、きっと、そこには人であり、熱量であり、思いやりがなければ、こうはならなかったと思うんです。逆に、それがあれば、ホームタウンではなくても、人と人はつながっていくことができる。

 だから、僕は思うんです。その町のことを思って自分たちが動けば、それに周りも応えてくれるって。中身がなければそれは伝わるし、嘘はわかってしまう。もちろん、震災は起きないほうがよかったに決まっているけれど、震災のあとにこうして絆や関係性を築けたということは、きっと、僕らの想いが陸前高田の人たちに伝わったということなのではないかとも思っています」

 10年という節目に陸前高田を訪れた中村が、感じたことがもうひとつあった。これまたフロンターレをもじって、『カリフロニアフィールド』(フロにかけている)と名付けられた人工芝のサッカー場で、子どもたちがボールを蹴っている姿を見た時だった。




「10年前、瓦礫の山だった場所に人工芝のサッカー場が新しくできて、そこで子どもたちが真剣にボールを蹴る姿を見て、僕はスポーツの力を感じました。

 僕らが来なくても、そこに何かが作られたとは思います。でも、プロのサッカー選手たちである自分たちが毎年、ここに足を運んだからこそ、町の人たちがここにはサッカー場を作ろうって思ってくれたのかな。そう思うと、自分としても感慨深いものはありました」

 もう10年、まだ10年----。

「もう、支援ではないのかもしれないですね。今では、相互で支え合う段階になってきているように思います。僕らが一方的に何かをするのではなく、両者で意見を交わしながら、これからも、さらに発展していければと思っています」

"支援はブームじゃない"。

 川崎フロンターレが掲げるマインドである。そこには、クラブと陸前高田が築いてきた絆が物語っている。そして......その思いは形を変えながら、これからも続いていく。

    ニュース設定