国交省、搭乗前PCR検査の実証実験 3月18日〜21日の羽田発対象

0

2021年03月08日 17:51  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

国土交通省は、羽田空港から北海道、九州、沖縄方面へ向かう航空機利用者を対象に、搭乗前に新型コロナウイルスのPCR検査を行う実証実験を実施する。

3月18日から21日までに出発する、全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)便利用者を対象としており、モニターとして人数を限定して実施する。

モニターは、PROUMED(フィネクトパートナーズ)、にしたんクリニック、SB新型コロナウイルス検査センター、木下グループコロナ検査センター、SS Dnaformの検査会社5社のうち1社を選択し、郵送や来店で検査を受ける。搭乗後にはアンケートに回答する必要がある。費用は無料。謝礼として1,000円分のクオカードももらえる。

調査事務局によると、国内線の利用前にPCR検査を受けることについて、利用者の安心感や負担感など、その効果や課題などの把握を目的としているという。

    ニュース設定