デニムの定番「リーバイス」を買うならどの種類がいいの?シルエットが異なる4つのモデルを比較しました

2

2021年03月08日 18:01  isuta

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

isuta

写真写真

みなさんは“デニム”といえば、どのブランドを思い浮かべますか?やっぱり定番なのは“Levis(リーバイス)”ではないでしょうか。

しかし、モデルが多くてどれを買うのが良いのか迷ってしまった経験があるという人も多いはず。

そこで今回は、デニムの定番「リーバイス」の人気モデルを比較してご紹介していきます。

リーバイスのNo.1モデル「501」

@lomalia_haruka / Instagram

ジーンズの起源は、労働者のために開発された頑丈なパンツ。リーバイスは1873年にリベット付きのジーンズを発明し、1890年に「501」が誕生しました。アイテムによって変動はありますが、約1万2000円〜2万円前後で購入できます。

リーバイスの中でも、圧倒的な人気を誇るモデルで、1890年に誕生して以来ジーンズの原点と言われているんですよ。

@shino_lemage / Instagram

501の中にも異なる種類が多くありますが、共通するのはストレートシルエットが特徴で穿く人の身体によく馴染むということ。抜群のフィット感を誇るパンツとしても知られています。

穿き続けることで、自分ならではの着こなしが演出できる、程よく色落ちしたオリジナルのデニムになりますよ。

スタイル良く見せるなら「701」

@jutachan01 / Instagram

1934年に、初の女性向け5ポケットジーンズとして発表されたのが“701”。約2万円ほどで購入できます。

アメリカの女優、マリリン・モンローさんが穿いていたことからも有名なモデルなんです。

@tmy___3 / Instagram

ハイウエストなので脚長効果が期待でき、裾にかけてややテーパードシルエットになっています。

まっすぐにフィットするヒップから太もも周りのデザインが脚をきれいに見せてくれるため、ジャストフィットで穿くのがおすすめですよ。後ろからのシルエットが抜群に良いのも、このモデルの特徴です。

ヴィンテージも狙ってみる?

ヴィンテージデニムの魅力は、少し色落ちした質感と、自分に合う丈感やシルエットを探すのが楽しいところ。続いて、ヴィンテージで人気のアイテムを2つご紹介します。

すっきり穿ける「505」

@hidemi0428 / Instagram

作業服として作られた「501」をファッションアイテムに変化させたのが「505」なんだそう。裾に向かって細くなるテーパードシルエットになっています。

505のレディースサイズはかなりレアだそうなので、見つけたらラッキーですよ。

フレアシルエットがおしゃれな「517」

@jimanaogramdayoyon / Instagram

裾にかけてフレアなシルエットになり、“ブーツカット”と呼ばれるデザインが特徴的なこちらは「517」。モードに着こなすことができるおしゃれなアイテムです。

他の人と差をつけたい方に、特におすすめですよ。

リーバイスのどのモデルをゲットする?

@itromiffy / Instagram

デニムの定番リーバイスはどのモデルも違った良さがあります。

ぜひ公式サイトやヴィンテージショップをチェックして、自分のお気に入りアイテムを探してみてくださいね。

公式サイトはこちらから

このニュースに関するつぶやき

  • どうもリーバイスってエドウィンより股ずれの穴が空きやすい印象。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定