シマノ、ロードシューズ「RC3」にカラーを追加、「RC1」「XC1」は価格見直しへ

0

2021年03月08日 19:42  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
シマノは、ロードシューズのミドルグレード「RC3」に新色のレッドを追加する。またロードエントリーモデル「RC1」、クロスカントリーモデルのSPDシューズ「XC1」について、希望小売価格を9,350円(税込)に変更する。

今回新たにレッドのカラーが加わる「RC3」は、フィット感とペダリングテクノロジーを融合させた高性能ロードサイクリングシューズ。シューズの中心にあるBOAダイヤルひとつで全体を締め付ける新しいクロージャーシステムを採用している。希望小売価格は15,400円(税込)、サイズはメンズが36-48(ワイドサイズあり)、ウィメンズが36-40を展開。カラーは新色のレッドのほか、ブラック、ホワイト、インディゴブルー(ウィメンズ)が揃う。重量はサイズ42で243g。

初めてのビンディングシューズに最適なエントリーモデル「RC1」は、希望小売価格を9,350円(税込)に改定する。ストラップの取付位置を外側にオフセットすることで、足の甲にかかる圧力を軽減することが特徴。ロードコンペティションモデルのエントリーグレードながらもレース仕様のスタイルと機能を備えている。サイズは36-48、カラーはブラック、イエロー、ネイビーの3色展開。重量はサイズ42で238g。

クロスカントリーモデルのSPDシューズ「XC1」も、希望小売価格を9,350円(税込)に改定。エントリーグレードながらもXCレースパターンを配したラバーアウトソールがペダルとのコンタクトを保持し、歩行時にしっかりとしたグリップ力を発揮するという。ストラップを取付位置を外側にオフセットすることで、足の甲にかかる圧力を軽減する。サイズは38-50、カラーはブラック、レッドの2色展開。重量はサイズ42で334gとなっている。(MN ワーク&ライフ編集部)
    ニュース設定