「シン・エヴァンゲリオン劇場版」ネタバレなしレビュー 「シン・エヴァ」の「エヴァ」らしさ

9

2021年03月08日 23:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真初日の劇場の様子
初日の劇場の様子

 「エヴァンゲリオン」史上、最も分かりやすく、飲み込みやすい作品なのではないか――。これが本作を見終わってすぐの、嘘偽りない印象だ。



【その他の画像】



【※以下、ネタバレに最大限配慮したレビューとなるが、まっさらな状態で見たい人はいますぐブラウザを閉じてインターネットから退避してください】



 2度の延期を経て、先日ついに公開された「シン・エヴァンゲリオン劇場版」。公開10日前に突如公開日が発表され、しかも封切りが月曜日という異例の事態。プロモーションを十分に行うことも難しかっただろう中、争奪戦となった大手シネコンのIMAXシアター分は即時の完売。あらためて根強い人気と期待を示した結果となった。



 本作はこれまでのシリーズ通り、設定を全て明かしているわけではない。そしてもちろん、解釈の余地を残す謎をいくつも残し終劇した。だが総評としてとても理解しやすく、かつ楽しみやすく作られている。ではそれはなぜか? と考えることとなった。そしてそれはそもそも、「エヴァ」においての「面白さ」はどこにあるのか? と考えることと同義だ。



●「:破」が受け入れられた理由



 これまでのシリーズのうち、「楽しめる作品」として、最も多くの観客に受け入れられたのは間違いなく「:破」になるだろう。それに対し前作「:Q」が賛否両論となったのにはいくつかの理由があるだろうが、ざっくり2点に分けてみたい。それは「:破」が、これまでのエヴァンゲリオンに対するイメージを最大限利用した作品であるという点。そして観客に物語・または解釈の余地ある難解さを提示するうえで、説明のラインをしっかりと引けていたという点である。



 まずは一点目。「:破」はいくつかの設定の差異を除き、ストーリーラインに加えてキャラクターの表情の基礎までテレビシリーズ版と似たものが見られた「:序」に対し、新キャラクター・マリの投入に加えて綾波・アスカの変化を演出することで、これまでの「エヴァンゲリオンらしさ」を徐々に逸脱。最後には碇シンジが自らの意志でそれを破壊・乗り越える姿を見せることで、より強い満足感を与えるつくりになっている。10数年間を通して浸透してきた碇シンジというキャラクターの内面が、確かに変わったと思える作品であったことが作品の高い評価につながっていることに疑いはない。



 ここで注目しておきたいのは、それでも「エヴァ」が持っていたその難解さを切り捨てたわけではない、ということだ。象徴的なところでは、綾波を救うために初号機が疑似シン化第2形態に入った際の赤木リツコのセリフは相変わらず理解させる気がないそれである。しかし「ネブカドネザルの鍵」や「バチカン条約」といった衒学的な専門用語はシナリオの中核には置かれず、今は理解できなくても良いものとしてスマートに処理。そして「本拠地を狙う使徒の殲滅」という前作共通のプロットにより、各シーンの勝利条件は明確であるため、ストーリーラインを追う限りに引っ掛かりはない。



●「:Q」と「:破」の差異



 では「:Q」ではこの2点においてどう処理していたか。舞台が14年後と大きく飛ぶ同作では、観客は前作のように「これまでのエヴァのストーリー」という比較対象を持つことができない。加えて主要キャラクターの性格が一変し、皆が皆心を閉じているかのごとく碇シンジにつらく当たる。その理由は明らかにされず、魅力であった専門用語も成立していないコミュニケーションの端々から聞こえてくるのみで、その単語が大事であるかも判別不能。



 さらには目標とされた槍を利用した世界の再構築も失敗し、唯一のよりどころである渚カヲルは旧世紀版と同様に死んでしまう。以前の満足を、そしてコミュニケーションそのものを否定するかのように受け止められかねないシナリオは、万人に受け入れられたとはいえなかった。



●「シン・エヴァンゲリオン劇場版」



 今作、「シン・エヴァンゲリオン劇場版」では、このバランスに対する方針が大いに転換されている。



 まず、事前公開されていた冒頭のパリ奪還作戦について触れたい。上映早々に開始される同作戦では、「ここが元ネルフ・ユーロ支部であり」「目的はヴィレによる前回の戦いで破損したヱヴァ修復パーツの回収」「それを阻止するのは冬月、すなわちネルフ」であるとセリフ上ではっきりと明示される。「:Q」冒頭のUS作戦、大気圏外でアスカが何を“強奪”しており、“パターン青の何”と戦っていたのか非常に分かりづらかった点と比較するとその差は歴然だ。



 物語中盤以後でもヴィレとネルフによる攻防が繰り広げられるが、そのたびに「作戦の目的」「勝利条件」「勝利によって何を得るか、敗北で何を失うか」が多少くどいくらいに明示される。これにより上映時間155分のうち、エヴァが立ち回りを開始する後半パートは目的不明となることなく進行していく。専門用語はもちろん飛び交うものの、急に現れたそれが大勢に寄与することは基本的にない。



 確かにアニメーション表現としてはアクションシーン(特に予告でも見られたCGI)に対する不満や使用楽曲のアンマッチがないわけではないが、ストーリーラインは明確であり、肩透かしの横槍が入ることもない。



 そして「これまでのエヴァンゲリオン」に対するイメージの利用については、作品に既に触れた方にとっては既に自明だろう。シンジ・アスカ・アヤナミレイ(仮称)が放浪の末に行き着いた先で、誰と出会い、何を得たのかはぜひ劇場で確かめてほしい。そして最も注目すべき点として、ミサト・シンジ・そしてゲンドウの対峙は、旧世紀版と比較し大きく踏み込んだものとなっている。



 キャラクターが内面を吐露し、後悔し、自省し、苦しむ。本作でも行われるこれらの行為は、もちろんテレビシリーズ最終2話の直接的なアップデートであり、より今の視聴者に伝わりやすいかたちに置き換えられている。シンジがこれまでの作品で超えられなかった点を、これまでの旅から得たもので乗り越えていく様には、強く心を動かされてしまう。そしてそこでの表現手法も最後まで、どうしようもなく「エヴァ」らしくあってくれたことを、非常にうれしく思う。



 「さようなら、全てのエヴァンゲリオン」。碇シンジが発するそれは、必ずしも作中の「エヴァンゲリオン」そのものに対するセリフではないことは明らかだ。これまでのテレビシリーズ版、旧劇場版、貞本義行版、そしてそれらに触れてきた受け手たちの記憶と経験に対し、庵野秀明はできうる限りのサービスで応えてくれたように思う。楽しめたかどうかは分からない。今後見返す中で、自分の中での評価が変わる日がくるかもしれない。それでもまずは感謝したい。



 再度、そしてしっかりとエヴァンゲリオンを、納得できる形で完結させてくれたことに。



(将来の終わり)


このニュースに関するつぶやき

  • ネタバレなしのレビューなんて無理だろ。ネタバレの少ないレビューだろ?
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 猗窩座がシンジを鬼にして幸せにするんやで
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

オススメゲーム

ニュース設定