宇多田ヒカル「One Last Kiss」がリリース 庵野秀明が手掛けたMVがYouTubeでプレミア公開

2

2021年03月09日 00:08  ねとらぼ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真宇多田ヒカル「One Last Kiss」。もうひとつのテーマソング「Beautiful World(Da Capo Version)」の存在も明らかに
宇多田ヒカル「One Last Kiss」。もうひとつのテーマソング「Beautiful World(Da Capo Version)」の存在も明らかに

 3月8日公開の映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」のテーマソングに起用された宇多田ヒカルさんの「One Last Kiss」が3月9日に配信リリース。もうひとつのテーマソング「Beautiful World(Da Capo Version)」の存在も明らかとなり、YouTubeでは庵野秀明さんが手掛けた「One Last Kiss」のミュージックビデオがプレミア公開されています。



【その他の画像】



 宇多田さんはこれまで、2007年公開の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」に「Beautiful World」、2009年公開の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」に「Beautiful World -PLANiTb Acoustica Mix-」、2012年公開の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」では「桜流し」をテーマソングとして提供。



 「シン・エヴァンゲリオン劇場版」でも楽曲を提供するのではとみられていましたが、自身のデビュー22周年を迎えた2020年12月9日に「One Last Kiss」のテーマソング起用が発表されていました。



 当初2020年6月27日に公開予定だった「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による二度の公開延期をへて3月8日に公開。



 上映時間はシリーズ最長の2時間35分で、エンディングロールもシリーズ最長のため、「One Last Kiss」1曲では尺が足りないことに加え、「Beautiful World」を足して「新劇場版」シリーズおよび「シン・エヴァ」全体のエンディング曲としたい、という庵野総監督のオファーを宇多田さんが快諾する形で、「Beautiful World」をリメイクした「Beautiful World (Da Capo Version)」を制作。「One Last Kiss」との2曲メドレー形式として完成させました。なお宇多田さんが自身の楽曲をセルフカバーするのは初です。



 同楽曲の配信は3月9日から、3月10日発売のCDやLPに収録されるのはOne Last KissとBeautiful World(Da Capo Version)の他、これまで提供してきた宇多田さんの関連楽曲をリマスターした4曲やインストを加えた全8曲。価格は2000円です。


    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定