デイトナ24時間クラスウイナーが2台のメルセデスで新生DTMに参戦へ。ルーカス・アウアーを起用

0

2021年03月09日 12:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年のIMSAデイトナ24時間レース・GTDクラスを制したウインワード・レーシングのメルセデスAMG GT3
2021年のIMSAデイトナ24時間レース・GTDクラスを制したウインワード・レーシングのメルセデスAMG GT3
 2021年のウェザーテック・スポーツカー選手権第1戦デイトナ24時間レースでGTデイトナ(GTD)クラスの優勝を遂げたウインワード・レーシングが、2台のメルセデスAMG GT3 Evoで2021シーズンのDTMドイツ・ツーリングカー選手権に参戦することが明らかとなった。ドライバーにはルーカス・アウアーとフィリップ・エリスが起用される。

 ロレックス24(デイトナ24時間)のGTDウイナーが、メルセデスAMGのファクトリーサポートを受け、DTMへデビューを果たす。

 ウインワードのDTMエントリーは『メルセデスAMG チーム・ウインワード』として知られることになる。この組織は、テキサスをベースとするウインワードと、ドイツのチームであるHTPモータースポーツの間で、以前の技術的パートナシップに基づいて2019年の終わりに設立されていたものだ。

 ドライバーとして起用されるアウアーは2015〜2018年シーズンまでDTMでドライブしていたメルセデスのマシンのコクピットへと、久々に戻ることになる。アウアーは2019年に全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦したあと、2020年はBMWチームRMRからDTMに参戦していた。

 28歳のエリスはDTMには初参戦だが、HTPウインワードとともにこれまでGT3プログラムを戦ってきている。昨シーズンのADAC GTマスターズにはラファエル・マルチェッロとともに参戦。そして2021年のIMSA開幕戦デイトナ24時間では、ラッセル・ワード/マロ・エンゲル/インディ・ドンティエとともにGTDクラスを制している。

 メルセデスAMG チーム・ウインワードのチーム代表、クリスチャン・ホーナデルは次のように述べている。

「この伝統に満ちたシリーズで成功するためには、我々のすべてのエネルギーと専門知識を活用する必要がある」

 ウインワード・レーシングは、これまでにメルセデスAMGによるエントリーを発表しているハウプト・レーシング・チームと、グループMレーシングチームに加わり、GT3車両で競う新時代のDTMへと挑む。
    ニュース設定