カバーニは今季限りでマンUを退団? ボカ加入で南米復帰を希望か

0

2021年03月09日 14:22  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真カバーニが今季終了後にボカ加入か [写真]=Getty Images
カバーニが今季終了後にボカ加入か [写真]=Getty Images
 マンチェスター・Uに所属しているウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、今季限りで同クラブを退団し、アルゼンチンの名門であるボカ・ジュニオルスに加入する可能性が高まっているようだ。アルゼンチンメディア『Ole』が8日に報じている。

 昨年の10月にマンチェスター・Uへ加入したカバーニは、プレミアリーグ28試合を消化した段階で18試合に出場し6ゴールを挙げている。同選手とマンチェスター・Uの現行契約は今季終了時までとなっているが、1年間の延長オプションが付随していると報じられていた。現時点ではクラブからの契約延長に関する正式なアナウンスはなく、来季以降の去就に注目が集まっている。

 以前からボカ・ジュニオルスがカバーニの獲得に関心を示しており、クラブの副会長を務めるファン・ロマン・リケルメ氏と接触したことも認めていた。今回の報道によると、カバーニ自身が今季終了後の南米復帰を望んでおり、その中でも南米屈指の強豪であるボカ・ジュニオルスへの加入を望んでいるという。カバーニは幼少期の頃にボカ・ジュニオルスのファンであり、ブエノスアイレスに本拠地を構える同クラブに加入することで母国のウルグアイにも頻繁に顔を出せることも加入を後押しする一因となっているようだ。

 現在、マンチェスター・Uはカバーニに年俸500万ドルから600万ドル(約5億5000万円から6億6000万円)を支払っているが、カバーニは減俸も厭わない姿勢を見せている模様だ。ボカ・ジュニオルスに対しては3年契約と200万ドル前後(約2億円)の年俸を求めているという。ボカ・ジュニオルスにとっては容易に受け入れられる金額ではないものの、クラブの考え次第では同条件で獲得オファーを提示する可能性も低くないようだ。果たして、カバーニは今季限りでイングランドでの挑戦を終え、南米へと活躍の場を移すこととなるのだろうか。
    ニュース設定