今日は大きい湯船につかりたい! 久々の銭湯に心躍る様子を描いた漫画に「やっぱり銭湯は最高」「パンフにしたい」

4

2021年03月09日 19:08  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真家のお風呂とはちがう、気持ちよさを味わいにいざ銭湯へ
家のお風呂とはちがう、気持ちよさを味わいにいざ銭湯へ

 漫画家の秋鹿えいとさんが、久しぶりに銭湯に行ってきた日のエッセイ漫画を公開しています。ふらっと銭湯に行きたくなる。



【その他の画像】



 その日、いろいろあって疲れ果てていた秋鹿さんは、広い湯船につかりたい気持ちに駆られます。「人の裸を見るのも見られるのも嫌だから」と銭湯はあまり利用してこなかった秋鹿さんでしたが、思い切って足を伸ばしてみることに。



 少し肌寒い夜道を歩いて着いた先は、初めて来た中野の銭湯。番台に説明を聞いて、タオルも貸してもらったら、裸になる恥ずかしさも忘れてワクワクな気持ちのまま中へ。



 先に頭と体をきれいに洗ったら、いよいよお風呂。全身が湯に包まれ、まずは「ふ〜…」と幸せなため息。伸び伸びとリラックスしながら、楽しいバブル風呂、外気の寒さがちょうど良い外風呂にも入ります。



 サウナにも軽く入り、最後は汗を流して出たら、ホカホカさっぱり。そのあと100円のコーヒー牛乳を「3口で飲んだ!」という1コマがかわいいです。絶対おいしいやつ!



 銭湯から今度は家まで歩いて帰るわけですが、行きと違って「芯から温かいので寒さが心地良かった」と秋鹿さん。また、機会があれば他の銭湯も行きたくなったと語っています。



 読んでるだけでも心が癒やされるようなこの漫画に、Twitterでは同じように久しく銭湯に行っていなかった人から「久しぶりに行きたくなりました」の声が寄せられたほか、「銭湯の素晴らしさが余すところなく書かれている」や、新潟浴場組合のアカウントが「このまま、パンフとして配布したい」と反応するなど、反響を呼んでいます。



 秋鹿さんはTwitterやnoteにて、日常の出来事を描いたエッセイを含む、さまざまな漫画を公開中。かわいい黒猫のいる日常を描いた『黒猫のクロ』は単行本が発売中です。



作品提供:秋鹿えいと(@aikaeito)さん


このニュースに関するつぶやき

  • 夏に銭湯帰りに チャリで走ると 安いせっけんで顔がツッパルのが楽しい
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • まさに一昨日の私!3口でコーヒー牛乳は飲まなかったけれど、手足グンと伸ばして湯船にグラグラ浸かるのは癒される。その晩爆睡だし。 https://mixi.at/a4ZZN5D
    • イイネ!2
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

オススメゲーム

ニュース設定