倉木麻衣「歌えなくなった時期あった」 “コナン”に救われ20年、今ではスケボーにも挑戦

150

2021年03月10日 08:40  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『名探偵コナン』と24回目のコラボとなる楽曲「ZEROからハジメテ」を発表する倉木麻衣
『名探偵コナン』と24回目のコラボとなる楽曲「ZEROからハジメテ」を発表する倉木麻衣
 2000年から人気アニメ『名探偵コナン』のテーマソングを担当している倉木麻衣がこの度、24回目のコラボとなる楽曲「ZEROからハジメテ」を発表。2017年に「同じアーティストにより歌われたアニメシリーズのテーマソング最多数」としてギネス世界記録に認定されている彼女だが、長年、楽曲を更新し続けなければならないプレッシャーはあったのか。「コナンのお姉さん」と親しまれていることに対し、イメージが強くなりすぎることで自由なアーティスト活動の“足かせ”にはならなかったのか。彼女の“コナン愛”に耳を傾けるうち、彼女がコナンの影響で始めた、ある新しい趣味の話も飛び出した──。

【比較写真】倉木麻衣、14年前のジャケ写再現「当時はすっぴん・私服」

■『名探偵コナン』は成長をともにしてきた“家族”「コロナで前に進めない中でもきっかけをくれた」

 今月6日で放送1000回を迎えた『名探偵コナン』。その記念プロジェクト『再起動(リブート)される神回を当てろ!』において、1996年に放送された伝説の神回「ピアノソナタ 『月光』殺人事件」を新たにリメイクすることが決定している。その「再起動(リブート)」にちなみ、倉木麻衣も「ZEROからハジメテ」を、「これまでの私のイメージを一新する楽曲」と語る。

「今回24回目のコラボということで、まず非常にうれしく思いました。『ZEROからハジメテ』は『名探偵コナン』1000回記念のお祝いの気持ちと、コナンくんが危機的状況の中でも諦めず最後まで戦っていく姿をイメージした楽曲。また、コロナのこの大変な時期に、私も歌手としての活動が前へ進みたくてもなかなかできなくて。そんな中、今回のように進むきっかけをくれたのも『コナン』でした。そこで心機一転、新たにスタートできたらという想いで作らせていただいたんです」

 これまでもアップテンポやバラード、ミディアムと幅広い楽曲を提供してきた。今回はよりアグレッシブに。楽曲選びからこだわり抜き、そこに「大変な状況や不安がある中、一歩踏み出すのは難しい。でも踏み出せば無限の可能性が広がっていく」という想いの歌詞を乗せた。タイトルにカタカナと英語を混ぜたのも新たな試み。歌い方も変え、より声を張った力強い倉木麻衣の姿が伺える。

 そんな倉木にとって『名探偵コナン』は“家族”のような存在だと言う。兄と共にワクワクしながら原作を読んだ中学生時代。歌手デビューし、少女の頃から好きなアニメのテーマソングを作ることになった喜び。自身の楽曲の幅が広がってきたのも「コナンくんのおかげ」と笑顔を見せる。原作ファン時代・楽曲作りを通して刺激を受け続け、制作陣、ファンたちと一緒に成長を続け、『名探偵コナン』は倉木麻衣にとって“家族も同然”となったのだ。

■「20年マンネリない」ネガティブでクラスに馴染めなかった自分を救ってくれた音楽

 実はテレビアニメと劇場版では楽曲作りのアプローチが違う。テレビアニメでは「こういう感じ」と制作陣からキーワードを渡される。そこから彼女の中の「コナン」を表現しつつ、キーワードを散りばめて制作する。劇場版では台本やストーリーから。倉木はそこから自分なりのキーワードを見つけ出し、物語に寄り添いながら作詞や楽曲選びを進めていく。

 だがこれで終わりではない。デモ音源は必ず「コナン側」に聴いてもらう。そこで意見を交換し、さらに作り直していく。「楽曲も一緒に制作している…そういった想いもあって“ファミリー”なんです」。こうして「Secret of my heart」(2000年)から始まり、今回の「ZEROからハジメテ」まで、実に20年もの“お付き合い”となった。

 その間、マンネリや新たな曲を更新し続けるプレッシャーなどは「ありません」と倉木。「与えられたキーワードやストーリーのイメージに向けて、どうしたら皆さんにお楽しみいただけるか、今度はどんなコナンくんを表現するか、今回は(毛利)蘭ちゃんと(工藤)新一の恋模様を描こうか、など寧ろ楽しみながら作ってきた印象です」

 例えば、2014年のオープニングテーマ「DYNAMITE」。倉木は元々R&Bで出てきたが、そこにその他の洋楽テイスト、ポップとさまざまな要素を詰め込んだ。「『コナン』の楽曲にフォーマットはないんです。おかげで私の新しい世界観が見えてきました」。劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌』の主題歌「渡月橋 〜君 想ふ〜」(2017年)では、劇場版の舞台が京都。そのイメージを捉えた結果、和テイストの楽曲が誕生した。『コナン』との20年の道のりで、倉木麻衣の楽曲はますます彩りを増し、そのシナジー(相乗効果)でアーティストしての多面的な“顔”を持ち得た。

「ただ、気持ちに寄り添ったポジティブな想いを想起させる楽曲作りは心がけています。希望や夢、皆が一歩踏み出せるような楽曲…。実は自分自身はネガティブなんです(笑)。10代の頃は自分を表現することが苦手でクラスにも馴染めなかった。自分の殻を破ることができないでいたんです。そんな私を救ってくれたのが“音楽”でした。歌うことで褒めてもらい、自信が生まれました。私は音楽に救われたんです。ですから歌詞の世界観にも夢や希望を散りばめ、『自分もそうなりたい、そこで頑張りたい』という気持ちで曲を作るんです」

■コナンに憧れスケボーにも挑戦「イメージがついてしまうのは怖くない、むしろありがたい」

 そんな倉木はデビュー10周年の頃にも、また音楽に救われる。「ちょっと歌がしっくり歌えなくなった時期があったんです。繰り返しの中でこれでいいのか、と。そして一度音楽から離れて海外に留学。そこで見たのは、自由でラフに大声で歌う人々でした。はっと気付かされましたね。もっとラクに、楽しんで歌ってもいいんだって」

 倉木を救ったのは音楽だけではないだろう。「台湾に行った時にファンの方と交流する機会があって『コナンのお姉さんって呼んでいいですか』と言ってもらえて。それが、すごくうれしかった!」。国を超えて大好きなアニメで気持ちが通じ合ったという喜びに、『名探偵コナン』という作品と“音楽”のすごさを改めて感じた。『コナンのお姉さん』のイメージがついてしまうのも「怖くない、むしろありがたい」と言う。「『名探偵コナン』もいつも新たなことにチャレンジしている。ジャンルに囚われず、いろいろなことに挑戦・発信したい私の考えと一致しているんです」

 その想いは音楽に限らず、最近ではスケボーに挑戦したのだという。正月から始めたとのことで「コナンくんがスケボーで危機的状況をすり抜けるシーンが、今の私の願望や心象とも重なって。コロナ禍で様々な企画のライブ配信など新たな活動もはじめましたが、これからも『コナン』くんの世界に寄り添いながら新しい楽曲を作っていきたい。ギネスを更新していきたいし、新一と蘭ちゃんの子どもが生まれても作品は続いてほしい。大好きなアニメですから、2000回3000回とずっとなくならないで続いてほしいです!」

(取材・文/衣輪晋一)

このニュースに関するつぶやき

  • あれれ〜おかしいよ〜顔が違う
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • 個人的にコナンの歌手は小松未歩→GARNET CROW→倉木麻衣 というイメージがある、、、
    • イイネ!61
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(81件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定