アパレル店舗をバックレた30代女性のエピソード「店のコンセプトに合わないメイクを強要されました」

0

2021年03月17日 16:20  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

日本には、「同じ会社に長く勤めることが美徳」とされる風潮がある。それは「石の上にも三年」ということわざにも現れている。しかし、そんな考え方とは対象的に、突然職場をあとにする人もいる。

茨城県の30代女性(サービス業/年収150万円)は「店長のあたりが、やたら自分だけにきつかった」と退職理由を述べた。一体女性に何があったのだろうか。(文:中島雄太)

【早すぎ!? 仕事を即効で辞めたエピソード】最新記事はこちらから

「時給換算すると店長よりも時給が高かったことで妬まれてしまった」

女性は憧れのアパレル業界で、派遣社員として働いていた。ところが「参考にならない"指導"という名の"ダメ出し"ばかりされました。挙句の果てにはメイクにまで」と振り返る。女性は、当時流行っていた"ヤマンバメイク"をさせられたが、「ギャル系統のお店ではなかったので、明らかに笑い物にしていました」と語る。

なぜそのような仕打ちをされるのか、女性が必死で考えていたところ、店長から「私より給料もらってんだから」と言われたという。その職場の派遣社員は女性のみだったが、時給換算すると店長より給与が高かったため、妬まれてしまったのだ。

店長の理解し難い発言は、これにとどまらない。「私、離婚して子どもは実家に預けているんだよ。一人暮らしをしながら不倫してるけど、なかなか相手に会えなくて寂しい。それなのに薄給で頑張る私って健気でしょ」と語る店長に、女性は愛想を尽かした。

「いろんなストレスがあるのは分かりますが、こちらがサンドバッグにされる筋合いはありません」

派遣元には体調不良を理由に出社を断りたいと相談した。「担当者もその店長の癖の強さに心当たりがあるらしく、ですよねーって感じであっさりと派遣先にお話しときますと言ってもらえ、そのまま無事穏便にバックレ?できました」と書いている。

「上司の指摘通り、細かく仕事をしたら、過剰に怒鳴り散らされてしまった」

山口県の30代女性(事務職)も、"バックレ"の経験者だ。「1年近く上司からパワハラを受け続けて、メンタルがすり減ってしまい、倦怠感が表れた頃でした」と振り返る。はじめは問題なく仕事をこなしていた女性だが、「仕事が雑」と指摘を受けたことで、これまでよりも細かいチェックをするようになった。しかし、

「上司からは『そんなに細かくなくていい』と怒鳴られてしまいました」

と女性。上司は机を激しく叩き、過度に怒鳴り散らしたため、他部署からも心配の声があがるほどだった。女性は適応障害の診断を受けたため、何も言わずに退職。現在も自宅で療養中だ。

※キャリコネニュースでは引き続き仕事を即効で辞めた人のほか「電力自由化で電気代が爆上がりした人」や「新入社員の頃の思い出」などのアンケートを募集しています。

    前日のランキングへ

    ニュース設定