妻に不倫された男性たち「相手は子どもの部活コーチ。車にドラレコをしかけてみたら……」

0

2021年03月23日 18:20  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

山あり谷ありの人生。なかには自身の黒歴史に「妻の不倫」を挙げる男性も少なくない。ストレートには言えないが、実は人生最大級に匹敵する衝撃的な不祥事といったところだろう。キャリコネニュース読者からは、

「当時、モバゲーにハマっていた妻。ゲームで知り合った、見ず知らずの男の人と会っていました。写メを見つけた時は『まさか妻が』と、ショックを受けたものです」(40代男性/正社員)

という声が届いている。今回は、妻に不倫された経験を持つ男性による、耐え難い修羅場を綴った投稿を見ていこう。(文:鹿賀大資)

【修羅場!あなたの不倫エピソード】最新記事はこちらから

「どこまでも『面の皮が厚い女』という印象が拭えません」

40代男性は元妻の不倫により、3年前に離婚が成立。元妻は当時、5年以上にわたって不倫関係を続けていたという。週末になると実家に子どもを預けては、毎回のように不倫相手の家に通い詰めていた元妻。その事実を確認した男性は「ある夜に現場を押さえました」と続ける。

「最初は開き直って『不貞行為はなく気晴らし』と、訳の分からない屁理屈を言い出していました。それでも最終的には、不貞行為を認めました。子どもに『離婚はしないで』と懇願されたので、しばらくは養育費を払いながらの別居を続けることに」

ところが元妻は、そんな男性の良心を逆手に取った。いきなり届いた内容証明には、婚姻費用の上乗せを強要する旨が綴られていたという。

「『籍を入れている状態であれば云々』と書いてありました。養育費だけでは飽き足りず、この期に及んで金を無心する態度に嫌気がさしました。今となっては過去の思い出となりましたが、どこまでも『面の皮が厚い女』という印象が拭えません。今は気ままに、独身生活を満喫しています」

「一線を軽く越えてしまう人は、同じことを繰り返しする」

別の40代男性(正社員)の妻は、子どもの部活のコーチと不倫関係に陥った。そのコーチも妻子持ちで、いわゆるダブル不倫だ。あろうことか、子ども同士も同じ学校に通う先輩後輩の間柄。それにとどまらず「お互いの夫婦も昔から知っている先輩後輩ですよ」という。

男性は「妻の車にドラレコを付けたら、朝晩のラブラブ電話が。しかも毎日……」と生々しい不倫現場の様子についても綴っている。

50代男性(正社員)は2回、妻に裏切られた。1回目は結婚前の浮気、そして結婚後の不倫だ。男性は「妻も含め、相手方にどのような気持ちがあるにせよ」と前置きした上で、

「結局は、不倫相手と“一線を越えるかどうか”の2択しかありません。その線を軽く越えてしまう人は、どこまで行こうが、同じ繰り返しをするのです。そのことが身に染みて分かりました」

と実際に不倫された側の胸中を、切実なまでに打ち明けている。

※キャリコネニュースでは引き続き「不倫したこと・されたことはありますか?」や自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
驚愕!社内不倫が多い職場「ゲーム感覚で女子社員に手を出す上司」「飲み会がやたら多く、そこで連絡先交換」
"不倫された妻"の怒りの声「妊娠中に夫が職場の女性とW不倫」「双方の両親を呼び出して土下座させた」

    前日のランキングへ

    ニュース設定