「家具置いたら激狭」「彼氏との同棲より自由」...人生初の一人暮らし、思い出は

315

2021年03月24日 11:10  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真画像はイメージ
画像はイメージ

3月ももうすぐ終わり、4月から新生活が始まるという人もいるだろう。

進学や就職を機に一人暮らしを始める人も多そうだが、特に、人生で初めての一人暮らしは印象深いものだ。


Jタウンネットでは、「初めての一人暮らしにまつわる思い出」というテーマで、読者投稿を募集中だ。今回は編集部に届いたメールの中から、苦い失敗談やわくわくした体験談を紹介しよう。

まずは、20代前半の時に埼玉から大阪市内へ引っ越したという女性(30代・埼玉県)からのメールである。

「遠方なので、しょっちゅう下見に行ける訳ではないので、ネットの写真で部屋を探し、オートロックの11階で角部屋、駅まで徒歩10分、周囲にコンビニ3軒、大阪駅へのバス停目の前!!......で家賃5万6千円という物件を見つけました」

かなりの好条件であることを考えると、お得な物件に思える。

しかし、1度だけ下見に行く予定だったはずが、投稿者はなんとノロウイルスに感染してしまったという。

「布団でうんうん唸っている私に、親が『もうあの部屋で良いね!?』と言いましたが考える余裕もなくOKを出しました」

本契約の日、初めて実際に見てみると、廊下にキッチンがあり、冷蔵庫を置く場所はなく、玄関を開けると中が丸見え......という部屋だった。

ただ、物がない6帖間(収納なし)は広く感じ、他の部屋は見ずに契約したそう。

しかし、必要な家具家電を置いて住み始めたら......。

「冷蔵庫+ベッド+机と本棚。TVとタンス代わりのプラケースを入れたら、もう狭い狭いwwwほとんどベッドの上で過ごしましたw
そして、お湯の給水がタンク式だったので、キッチンで使いすぎるとお風呂に入れなくなるという罠までwwwやっぱり下見は大事ですね」

家具家電を置く前と後で、使える部屋の広さがまったく違うという落とし穴にハマってしまった、投稿者。この苦い経験を教訓に、その2年後に引っ越した際は理想どおりの最高な物件に住むことができたそうだ。

「駅&総合病院の目の前。オートロックの10帖フローリング。居室までに、扉が2つあって玄関から中は見えない。IHキッチン。水道費込みで5万2千円で、住人も不動産屋さんもイイ人達という最高物件を手にいれました!」

下見はしよう。そして、家具家電を置いた状態をイメージしよう。大きな学びを得られるエピソードだ。

同棲は4年で終了したけど...

続いて、20年ほど前の思い出を送ってくれた投稿者(40代・神奈川県) の話。

実家から大学に通っていたものの、帰宅時間について親とケンカするなど、うっとおしく感じることが多かったという、投稿者。大学時代からバイトに励み、就職して数ヶ月で念願の一人暮らしを始めることができた。

憧れの一人暮らしはどうだったのだろうか。投稿者のメールを見てみよう。

「その時は達成感でいっぱい、親からは、寂しがり屋のあなたには無理など、ネガティブな事を散々言われたが、そんな事は全くなく、初めての社会人生活もそれなりに謳歌しながら、自由を満喫した。
(中略)何時に帰っても、起きても誰にも干渉されない生活、自活とはなんて清々しいのかと心が震えた。狭い部屋に友達を呼んで食事を振る舞ったり、スーパーに一人買い出しに行ったりするだけでも心が浮き立ったのを昨日のように思い出す。
(中略)若い頃の希望する一人暮らしは、人として必要な経験かなとも思うし、初めての時は、最高の緊張感と共に楽しめると思う。
でも一生はいいかな。
帰る場所を作ってくれていた家族に今となっては感謝したいと思う」

独立した直後の胸の高鳴りが、ひしひしと伝わってくる文章だ。「一生はいいかな」という言葉が印象深い。

苦労もあれ、やってよかったという人が多いのも、一人暮らしの特徴かもしれない。

夢の同棲生活も...(画像はイメージ)

最後は、実家暮らしから恋人との同棲生活へ移行したものの、数年で終了したという女性(40代・東京都)からのお便り。

「一人暮らしに憧れてましたが、大好きな彼と一緒に住むんだ!と実家から彼との生活に直行。が、4年で終了し、憧れの一人暮らしは思ったより早くやってきました。
寂しい時もあるけど、何よりも自由!
この開放感、ええで〜。
誰でも一度、短期、限定期間でいいのでこの『自由』を味わって欲しいなと思います」

一人暮らしの最大の長所と言える、自由と開放感。ぜひ一度は味わってほしいという意見に、記者も完全に賛成だ。

「初めての一人暮らしにまつわる思い出」募集します

Jタウンネットでは、「初めての一人暮らしにまつわる思い出」を募集しています。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、1人暮らしを始めた時期・場所、具体的なエピソード(500文字程度〜)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

このニュースに関するつぶやき

  • 車に犬と荷物詰めて下で1日かけて引っ越し。ガス会社来る時間に間に合い、対応したら後はもうバタンキューだった。床で寝た。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 自分のペースを乱されない事がこんなに快適とはと思いました。
    • イイネ!53
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(192件)

前日のランキングへ

ニュース設定