クラシックカメラみたいな「チェキ」登場、コンタクトシートをモチーフにしたフィルムも

25

2021年04月07日 18:32  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真「instax mini 40」
「instax mini 40」

 富士フイルムは4月7日、インスタントカメラ「instax」(通称チェキ)シリーズの新製品「instax mini 40」を発表した。4月21日に発売予定で店頭価格は1万1800円(税込)前後の見込み。クラシックな外観に合わせたカメラケースやフィルムも同時に発売する。



【その他の画像】



 カードサイズの「ミニフォーマットフィルム」に対応したインスタントカメラ。外装はブラックを基調にシルバーのラインを加えたクラシックカメラを思わせるデザインで、合皮製のショルダーストラップ付きカメラケース(2200円前後)も同時に発売する。



 2020年5月発売の「instax mini 11」で初めて採用した「オート露光機能」を搭載。シャッターボタンを押すだけでシャッタースピードやフラッシュの光量を自動調整し、明るい屋内から暗い場所まできれいに撮影できるという。



 「セルフィーモード」はレンズ先端を一段引き出すと広角に切り替わる仕組み。接写や自分撮りに使える。



 同時発売のミニフォーマットフィルム「CONTACT SHEET」(10枚入りで869円前後)は、現像したフィルムを印画紙に並べてプリントし、内容を一覧できるようにするコンタクトシートをモチーフにデザインした。



 instaxシリーズは1998年の発売以来、「チェキ」の愛称で親しまれているインスタントカメラ。現在では世界100カ国以上で販売している。


このニュースに関するつぶやき

  • これいいね。今までの外観がおもちゃ過ぎたのよ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • このフォルムすきだー。欲しいなぁ
    • イイネ!5
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(13件)

ニュース設定