ロレックスが2021年の新作発表、エクスプローラー36mmのコンビモデル登場

24

2021年04月08日 11:12  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真                    新型エクスプローラーのコンビネーションモデル(Ref:124273)                    Image by: ROLEX
新型エクスプローラーのコンビネーションモデル(Ref:124273) Image by: ROLEX
 ロレックス(ROLEX)が、公式サイトで2021年の新作モデルを発表した。エクスプローラーとエクスプローラーIIを刷新し、ケースサイズや、キャリバー、デザインを変更。このほか、デイトジャスト 36やコスモグラフ デイトナに新ダイアルが追加された。

 エクスプローラーはステンレスモデル(Ref:124270)に加え、今回新たにステンレスとイエローゴールドのコンビモデル(Ref:124273)が登場。旧型(Ref:214270)の39mmから36mmにケースサイズをダウンし、キャリバーはパワーリザーブ約48時間の3132から、2020年に発表したパワーリザーブ約70時間の3230にアップデートした。また、文字盤には近年の新作モデルに使用されている6時位置の「SWISS」と「MADE」の間にロレックス王冠を配するディテールを採用したほか、中央下に記されていた「EXPLORER」の文字が12時位置の王冠や「ROLEX」の下にデザインされた。価格はステンレススチールが67万6500円、コンビモデルが114万2900円。

 エクスプローラーIIの新型(Ref:226570)は、GMTマスター兇覆匹忙藩僂気譴討い襯ャリバー3285を搭載。パワーリザーブが約70時間となり、旧型(Ref:216570)の約48時間(キャリバー3187)からアップデートした。価格は89万8700円(いずれも税込)。今年でエクスプローラーIIシリーズが誕生50周年を迎えることから、デザインが大幅に変更された新作モデルの登場が噂されていたが、見た目では文字盤の6時位置に王冠マークが追加されたことと、黒文字盤のオレンジ針がブラックとオレンジのセパレートから全てオレンジに刷新された程度で大きな変化はなかった。

■ロレックス:公式サイト

このニュースに関するつぶやき

  • 昔は腕時計のデザインとか凝って、イタリア製のとかつけてたけど、携帯持ってから全く腕時計をつけなくなった。今腕時計付けたら違和感感じると思う。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • なんか安い気がする、所詮ステンレスか(マリーアントワネット
    • イイネ!8
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(15件)

ニュース設定