【タイガー魔法瓶・フランフラン・象印】おしゃれで超軽量!「ミニボトル」徹底比較

0

2021年04月09日 06:41  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
最近人気の「ポケットサイズのミニボトル」。

【写真】パーツも徹底比較!タイガー、フランフラン、象印の「ミニボトル」

コンパクトで持ち運びやすいので、子どもとのおでかけ用にも便利です。

小さいながらも保温・保冷してくれる、ちょうどいいサイズのミニボトルを複数買ってレビューします。

■子どものおでかけ時の水分補給、どうやってする?

子どもとのおでかけ。健康のためにはこまめな水分補給が必要です。

子どもの水分補給にはペットボトルや紙パックのお茶などがありますが、毎回買っているとお金がかさみますよね。

お茶を作って、ストロー付きマグなどで持ち運ぶ親御さんも多いですが、ストローにお茶のしみがついたり清潔感が心配だったり、保温・保冷性がなかったりと、今一つ使い勝手が良くない…。

また、子どもとのおでかけには、おもちゃやおむつ、着替えなど思ったより荷物がかさばりますよね。

なので、なるべく軽いコンパクトな容器で持ち運びたいもの。

■ポケットに入るコンパクトなミニボトル

そこで、小容量のミニボトルです。

150ml、200mlなどコップ一杯ほどの容量しかなく、ポケットにも入るほどコンパクト。

いわれてみれば、500mlのペットボトルを買っても、子どもが飲み干すのは考えられないですよね。一回のおでかけで飲み干せる程度のサイズがあれば充分。

サイズも小さく小口径なので、子どもが口をつけて飲むのにもぴったりではないでしょうか。

早速、Amazonでミニボトルを3つ買ってみました。

デザインがかわいいもの、お手入れが楽なもの、保温、保冷機能がしっかりあるものを基準に選びました。

■タイガー魔法瓶 水筒 スクリュー マグボトル

まず紹介するのは、「タイガー魔法瓶」のミニボトルです。

デザインのシンプルさと、お手入れの楽さで選びました。

色はブルー、ピンク、ホワイトと3種類ありましたが、一番シンプルで清潔感があり、飽きがこなそうなホワイトを選びました。

■デザイン

無駄を省いて、ロゴしか模様のない、かなりシンプルなデザインです。

シールを貼ってデコってもかわいいかも。

■重さ

重さは110gと、かなり軽いです。満タンに入れてもスマホくらいの重さしかありません。

■飲み口

飲み口が丸く設計されていて、マグカップのような口当たりです。これなら子どもに与えても安心です。

■保温・保冷

小さいながら2重構造になっていて、しっかり断熱、保温効果があります。

試しに出来たての熱い状態のお茶を入れて、3時間ほど持ち運んだのですが、中身は熱いままでした。

少し冷ましてから入れる必要がありますね。それくらい保温効果が抜群です。

■お手入れ

この商品で一番感動したのが、部品が少なくお手入れが簡単なこと!

保温・保冷ボトルは細かい部品が多く、なくしてしまうことが多い印象ですが、こちらは外すパッキンは1つ!ボトル、パッキン、ふた、と3つにしか分解されません。

これならお手入れも楽々ですね。

■Francfranc(フランフラン)シュシュ ミニボトル

■デザイン

デザイン重視で選んだのがFrancfranc(フランフラン)シュシュ ミニボトル。

ピンクのボトルに水彩画のような花柄がほんわかした印象です。ロゴもさりげなくてかわいい。

今回紹介する商品の中では一番スリムで、手にしっかりフィットします。

■重さ

重さは108gと、こちらもかなり軽いです。

■飲み口

飲み口も柔らかく、問題ありません。

■保温・保冷

ステンレス素材なので、保温も保冷もしっかりできます。

■お手入れ

特にパッキンがついているわけではないので、お手入れは一番簡単です。

ただ細身なので、小さめのボトルスポンジを使う必要はありますね。

■象印 水筒 直飲み ステンレスマグ

■デザイン

機能性とデザイン性のバランスがとれた象印のボトル。

うすピンクで結晶のようなデザインがキラキラしていて、3つの中では1,427円と一番安いのに一番高見えします。

■重さ

重さは140gで他と比べると少し重めの印象ですが、それでもペットボトルを持ち運ぶのに比べたら軽いですよ。

■飲み口

飲み口にゴムパッキンがついていて、口元を傷つけません。

個人的には、ゴムパッキンの口当たりよりは、ほか2つのステンレスの口当たりの方が、コップ感覚に近く飲みやすかったです。

■保温・保冷

ポットで有名な象印商品。保温・保冷機能も抜群です。

メーカー紹介文によると、95℃の熱湯を入れた場合、6時間後でも63℃以上。4℃の冷水を入れた場合、6時間後でも10℃以下を保ってくれるんだそうです。

■お手入れ

ほか2つと真逆なのですが、カバンの中の漏れ防止、保温・保冷機能を高めるためにかなり部品が多いです。お手入れは少し大変そう。



軽くてスリムで、カバンに入れてもかさばらないコンパクトボトルは、子どもの飲みものを入れるのに最適なアイテムでした。

小さくてもしっかり保温・保冷ができ、デザインもかわいいものがたくさんありましたよ。
    ニュース設定