阪神・藤浪が7回2失点の粘投で今季初白星!佐藤の特大場外弾には「ドン引きです」

45

2021年04月09日 21:54  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真7回2失点で今季初勝利を挙げた阪神・藤浪
7回2失点で今季初勝利を挙げた阪神・藤浪
◆ 野手陣の大量援護にも感謝

 今季初白星を目指す阪神・藤浪晋太郎が9日、横浜スタジアムで行われたDeNA戦に先発登板。自らの四球によってピンチを招く場面もあったが、7回を投げて121球で2失点、7奪三振、与四球5、被安打4という内容で今季初白星を手にした。

 初回にいきなり3点の援護を受けた藤浪はその裏、2つの四球で一死一、二塁といきなりのピンチを背負う。それでもハマスタで通算7勝1敗と抜群の相性を誇る右腕は、続く4番・佐野恵太を二ゴロに打ち取り、二死二、三塁で迎えた5番・宮敏郎をアウトローのカットボールで空振り三振に斬ってとる立ち上がりを見せた。

 2回は2つの空振り三振を含む三者凡退としたが、3回は先頭の9番・濱口遥大に四球を与え、1番・関根大気にはヒットで繋がれて無死一、二塁に。2番・柴田竜拓の犠打で一死二、三塁となり、3番・牧秀吾への四球で一死満塁のピンチを迎えた。しかし、4番・佐野恵太の鋭い当たりの右飛で3塁走者の濱口が判断を誤ってタッチアップできず事なきを得ると、続く宮をアウトローのストレートで見逃し三振に仕留め、この回を無失点で終えた。

 その後は、「ちょっとフォーム的にタイミングが合ってないなと思ったので、変えました」とセットポジションに変更したことが奏功。4回、5回を三者凡退に抑えると、6回表に阪神ベンチが「ドン引き(藤浪)」したという佐藤輝明の特大場外弾で待望の追加点を奪った。これで勢いづいた攻撃陣が、DeNAの2番手・国吉佑樹を攻め立て、二死一塁から四球を挟んでの4連続長短打で5点を奪って試合を決定づけた。

 大量援護を受けた藤浪は6回、二死からヒットで走者を許すも、続く神里和毅を空振り三振に斬ってとるピッチングを披露。7回のマウンドにも上がると、二死から関根の2ランで失点を喫するも、それ以上の追加点は与えず、8回を加治屋蓮、9回を桑原謙太朗が抑えて9-2で快勝。藤浪が開幕3戦目にして今季初勝利を収めた。

 試合後、殊勲の藤浪は「開幕から勝てていなかったので、なんとか勝ちをつけてもらって良かったです。正直、良い内容とは言い難いんですけど、なんとか粘れたかなと」と振り返り、「たくさん援護をもらって、たくさん点を取ってもらった事でなんとか立て直せた」と、大量得点の野手陣に感謝した。

このニュースに関するつぶやき

  • 藤浪は抑えがより力を発揮できるとおもうがexclamation
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 良く頑張った�ؤ�OK おめでとう�� でも、もうちょっとWHIP良くして欲しいな。1.75では…
    • イイネ!14
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(26件)

ニュース設定