簡単にできる「蜂の巣」予防 効果はあるも「生首みたい」の声

187

2021年04月10日 12:01  おたくま経済新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたくま経済新聞

写真簡単にできる「蜂の巣」予防 効果はあるも「生首みたい」の声
簡単にできる「蜂の巣」予防 効果はあるも「生首みたい」の声

 軒先に蜂の巣などが出来ていたりすると蜂に刺されたりしないか心配になったり不安になったりしますよね。しかし、そんな気持ちを一気に吹き飛ばすことに成功したのがTwitterユーザーのニノマエハジメさん。


【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】


 ニノマエハジメさんの職場には蜂の巣は無いものの、蜂が巣を作るためにいつも偵察に来ていたのだとか。ニノマエハジメさんによると「パートの女性達が過剰に怖がるため、殺生になりますが事故が起きる前に『現れたら駆除』という形をとっていました」とのことで、毎年1匹1匹駆除していたそうです。


 そんな中、Twitterでダミーの蜂の巣を作って蜂が来るのを防いだ人を見かけたニノマエハジメさんは、さっそく実践。4月6日に「まじ効果あるな 蜂類一切来なくなったわ 俺の手作りダミー蜂の巣やるやん」と、その成果を報告しました。


 作り方は意外と簡単なようで、「針金のハンガーを骨格に新聞紙を巻き付けて、中にも新聞紙を詰め込んでいます。ガムテープと新聞紙で20分もかからずできました」と教えてくれました。人間からの見た目はガムテープの塊に見えますが、蜂からしてみたら「先に巣を作られた!」と思うのかもしれません。


 スズメバチの仲間はナワバリ意識が強く、エサ場を同じ巣仲間で独占する傾向にあるほか、集団攻撃をする傾向にあります。また、防衛本能も強く、巣に近づくものに対しては、非常に攻撃的になることも。


 このためスズメバチは、無用なトラブルを避けようと、すでに営巣している場所に近づくことを避ける傾向にあります。ダミー蜂の巣は、この習性を応用した予防策といえるでしょう。


 ちなみに、スズメバチは人の目線と同じくらいの高さに営巣することが多いので、ダミー蜂の巣を設置する際は1階の軒先くらいまでの高さを選ぶと効果的です。設置する場所は軒下など、あまりオープンでない場所を選び、時期は女王蜂が単独で営巣を始める4〜5月までに済ませるのがベスト。


 どんな見た目でも蜂が来なくなればOK!問題は解決!と思いきや、「職場の人達には生首がぶら下がっているみたいで怖いと不評です」と笑いながら話すニノマエハジメさん。あらら……たしかに、何も知らない人が夜これを見たら怖いかもしれませんね。一難去ってまた一難とは、このことでしょうか。


 しかし、今回の投稿には1万件以上のリツイートと5万件以上のいいねが付き、「面白いし、予防に役立ちますね」「素晴らしいアイデアですね」「いいこと聞いた!そろそろ飛び始める季節だし、やってみよ!」など多くのコメントが寄せられ、参考になった人もたくさんいるようです。



<記事化協力>
ニノマエハジメ/u3さん(@ninohajim)


(佐藤圭亮)


このニュースに関するつぶやき

  • オオスズメバチの巣に車で接近し、少しだけ開けた窓から電動ガンでフルオート射撃を加えた時は、怒り狂ったハチが車のガラスや車体に体当りして来て、マジで凄かった。
    • イイネ!5
    • コメント 0件
  • 今の季節にトラップで女王蜂を捕まえれば問題解決。今年は既に女王蜂8匹かかりました。殺生にはなるけど、安全にスズメバチを駆除できます。ミツバチはかからないのがいいところ。作り方はコメントまで。
    • イイネ!39
    • コメント 24件

つぶやき一覧へ(95件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定