2割弱の人に「逃げたペットが帰ってきた経験」 散歩中に首輪が抜けて

3

2021年04月10日 20:01  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

大切なペットとずっと一緒にいたいと思うのは、当然の気持ちだろう。しかしときには、ペットのほうが家から逃げることがある。

画像をもっと見る

■「逃げたペットが帰ってきた」2割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女3,140名を対象に調査したところ、全体の15.3%が「逃げたペットが帰ってきた経験がある」と回答した。

関連記事:20代男性の2割が「見守りカメラを設置」 プライバシーへの配慮が課題

■しばらくすると帰ってきた

性年代別では、すべての年代と性別で1〜2割程度になっている。

散歩中に首輪が抜けて、犬が逃げ出した経験をした人もいる。

「飼っていた犬を散歩させていると、首輪が抜けてしまった。走って逃げていったので焦ったけれど、しばらくすると自分で家に帰ってきた」(40代・女性)

飼い猫が、勝手に出ていったパターンも。

「家で飼っていた猫が、勝手に出て行ったことがあった。あのときは本当に泣きそうになったけれど、家のすぐ近くで発見したので安心した」(30代・男性)

■ハムスターが逃げたまま

ペットが逃げたまま、帰ってこないケースもあるようだ。

「昔ハムスターを飼っていたときに、知らないうちにケージから脱走していた。いろいろな場所を探したけれど、まったく見つからなかった」(40代・男性)

迷子になっている犬を、見かけた人も。

「首輪した犬が、迷子になっているのを見かけたことがある。捕まえようとしたがすばしっこく、逃げてしまった。あの犬が、きちんと家に帰れているといいけれど」(30代・女性)

■首輪からハーネスへ

犬の散歩中に首輪が抜けた経験のある人は、ハーネスを使うようにしているという。

「犬の首輪が、散歩中に抜けたことがある。それからは首輪ではなく、ハーネスを使うようにしている」(40代・女性)

猫が逃げないように、柵を設置している人も。

「うちの猫は好奇心旺盛なので、すぐ外に出ようとする。そのために猫が脱走しやすそうな場所には、柵を置くなどして対策している」(20代・男性)

ペットが逃げないように、注意しておきたいものである。

・合わせて読みたい→小島みなみ、最近プライベートで出会った異性を明かす 「散歩のとき…」

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年12月11日〜2020年12月18日
対象:全国10代〜60代の男女3,140名 (有効回答数)

このニュースに関するつぶやき

  • ボスはちゃんと勝手に散歩しに行って牛乳をくれる人の家に寄るから待ち伏せしてたけどヘラヘラな顔されて毎回許しちゃうんだよね 顔まで牛糞まみれはマジかと思ったけど 満足な顔してたから 洗ってあげた翌日今度は泥まみれこのクソ坊主って思ったよ
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • ボスはちゃんと勝手に散歩しに行って牛乳をくれる人の家に寄るから待ち伏せしてたけどヘラヘラな顔されて毎回許しちゃうんだよね 顔まで牛糞まみれはマジかと思ったけど 満足な顔してたから 洗ってあげた翌日今度は泥まみれこのクソ坊主って思ったよ
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

前日のランキングへ

ニュース設定