Appleの「探す」アプリ、他社製品への対応でもっと便利に

0

2021年04月11日 11:01  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
Appleは4月7日、新しくなった「探す」アプリケーションを公開。同アプリの最新版では、探索機能がApple以外の他社製品向けに開放されている。
項目タブ「アイテム」から追跡可能Made for iPhone(MFi)プログラムの一環としての「『探す』ネットワーク対応アクセサリプログラム(The Find My Network Accessory Program)」は、アクセサリ・周辺機器メーカーに向けて用意されたもの。

同プログラムにおいてAppleが認証した他社製品には、Appleの探索ネットワークおよび「探す」アプリとの互換性を示す「Works with Apple Find My」バッジが付与される。

互換性のある製品を所持するAppleユーザーは、「探す」アプリに新設された項目タブ「アイテム」からそれを追跡することが可能になる。

Bluetoothを活用したAppleの探索ネットワークは、ユーザーが紛失したデバイスを検出すると、おおよその位置を持ち主へ知らせる仕組みとなっている。デバイス発見に至るすべてのプロセスはエンドツーエンドで暗号化・匿名化されるため、プライバシーへの配慮も万全と言えるだろう。
第1弾として3社の製品が「探す」に対応まずは「VanMoof」「Belkin」「Chipolo」の3社が、Appleの探索ネットワークに対応した製品を展開する。

VanMoofからは最新の電動自転車「S3」「X3」。Belkinは、今春発売のワイヤレスイヤホン「SOUNDFORM Freedom」を「探す」アプリに対応させる。そしてChipoloは、バッグなどに取り付けられるアイテムファインダー「Chipolo ONE Spot」を発売するとのこと。

なお今回の3社以外にも、さまざまなメーカーから対応製品が登場する見込みだ。

Apple

(文・早川あさひ)

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定