テリー伊藤、池江璃花子選手は「五輪開催の神風」 中止ムード転換に期待

1

2021年04月11日 11:40  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

タレント・構成作家のテリー伊藤が、11日朝に生放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)にリモート出演。水泳の池江璃花子選手を、東京オリンピック開催の「神風」だと絶賛した。

■白血病から奇跡の復活

池江選手はきのう開かれた競泳日本選手権最終日にて、女子50メートル自由形決勝を24.84秒の好タイムで優勝。女子50メートルバタフライ・女子100メートルバタフライ・女子100メートル自由系と合わせ、今大会4冠を果たした。

これにより、池江選手は東京オリンピックのメドレーリレーと女子400メートルリレーの2種目で代表入りが内定。2019年2月、18歳で白血病を公表してから奇跡の復活に、各メディアは大きく湧いていった。

関連記事:モト冬樹、池江璃花子選手の内定に言及 「無理やりでも五輪をやってあげたい」

■スタジオも大絶賛

「サンジャポ」もこの話題がトップとなり、一同はその復活劇を大絶賛。フワちゃん、爆笑問題、元飛び込み日本代表選手・馬淵優佳など、異口同音に池江選手を讃えていく。

別スタジオのテリーも、コメントを求められ「日本中が感動した」と称賛。池江選手の活躍を見て、病気の知人が闘病を頑張る気になったとのエピソードを挟むと、ここでオリンピック開催の是非について言及する。

■池江選手の活躍は「神風」

テリーは「オリンピック、いま日本中が『正直、やらなくていいんじゃないか』って空気の中で、池江選手の活躍が神風になりましたね」と指摘。

新型コロナウイルスの感染拡大等により、開催へ後ろ向きになる世論を念頭に置いた持論を展開する。その後もテリーは、「みんなが、彼女の泳ぎをオリンピックプールで見たいという気持ちになった」と国民の心境を代弁した。

招致決定時は列島中が沸き立ったが、運営における不祥事の続出で疑義が生じ、コロナ禍が追い打ちをかけるように「開催中止」ムードを高めている東京オリンピック。果たして、テリーの言う通り「神風」となり、再び歓迎ムード一色に転換することはできるだろうか。

・合わせて読みたい→池江璃花子選手、番組取材班が目の当たりにした想像を絶する孤独な闘い

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

このニュースに関するつぶやき

  • オリンピックの事務所が入ってるトリトンスクエアってとこで落書きが書き込まれた模様。夜に迷惑な反対デモやってた連中がやった可能性高い件
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定