信長も欲するぬいぐるみ? 伝説の茶釜「平蜘蛛ぬいぐるみ」が人気のあまり完売 再販も予定

95

2021年04月11日 17:18  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真平蜘蛛ぬいぐるみ
平蜘蛛ぬいぐるみ

 ユニークな歴史グッズを販売している小川新聞店(岐阜県)から、伝説の茶釜「平蜘蛛」をイメージしたぬいぐるみが登場し、初回分が発売日当日に完売するなど人気を呼んでいます。価格は2530円。今後の再販も予定されています。



【その他の画像】



 戦国時代の武将・松永久秀が所有していた茶釜で、正式名称は古天明平蜘蛛(こてんみょうひらぐも)。蜘蛛のような形からその名が付けられ、軍記物で語られた「松永久秀が信長の手に渡したくないあまり、平蜘蛛とともに爆死した」というエピソード(※諸説あり)で知られています。なお、NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」でも第40回のサブタイトル(「松永久秀の平蜘蛛」)に使われており、劇中でも強い存在感で描かれました。



 そんな歴史好き、戦国好き、武将ファン向けに作られた「平蜘蛛ぬいぐるみ」は、3月に小川新聞店の公式Twitterで試作品が公開されると「かわいい」「あの名物が手に入る?」「枕にもよさそう」と話題に。その後、4月9日からネットショップと店舗にて、100個限定で販売開始されるとすぐに完売。予想以上の人気に小川新聞店も驚いたようでした。



 現在は「追加製造を早めるように努力しております」とツイートしているように、再販が予定されており、次回は5月中旬頃に販売予定。詳細は公式Twitter(@chunichi_tarui)にて発表されます。


このニュースに関するつぶやき

  • うける、見ていたよ麒麟。まいうーの裏でね。再放送
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • いいですね。これはexclamation
    • イイネ!27
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(50件)

ニュース設定