10代男性の3割が「ミルクボーイが好き」 コーンフレークネタしか知らないの声も

0

2021年04月11日 19:01  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

2019年の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)では、圧倒的な存在感で王者に輝いたミルクボーイ(駒場孝・内海崇)。独特なスタイルで繰り広げられる漫才は、幅広い層から指示されている。

■「ミルクボーイが好き」2割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女3,140名を対象に調査したところ、全体の23.5%が「お笑いコンビのミルクボーイが好きだ」と回答した。

関連記事:かまいたち、ミルクボーイ、霜降り明星で一番貯金が多いのは? 「たぶん…」

■老若男女から愛されて

性年代別では、すべての年代で男性の割合が高くなっている。

ミルクボーイのネタは若い世代だけでなく、幅広い層から評価されている。

「2019年のM-1グランプリでは、やはり圧倒的におもしろかった。うちの親も笑っていたので、老若男女に受け入れられる漫才なのだと思った」(30代・男性)

M-1グランプリで優勝するまで、売れずに苦労した時期もあった。

「苦労していたところも含めて応援したくなる。二人とも人柄が良さそうなところにも、好感が持てる」(20代・男性)

■「コーンフレーク」ネタしか知らない

テレビを観ない人は、ミルクボーイのことを詳しく知らないという。

「あまりテレビを観ないので、ミルクボーイのネタはM-1グランプリのコーンフレークのやつしか知らない」(30代・女性)

漫才への熱い思いから、関西での活動を続けている。

「関西を中心に活動しているので、全国区での露出が少ない。漫才をしたい本人たちの希望なので、そのこだわりはすばらしいと思う」(30代・男性)

■ミルクボーイのネタをまねて

ミルクボーイのネタを、まねて使っている人も多いようだ。

「ミルクボーイが漫才のつかみで使う、『こんなんなんぼあってもいいですからね』はよくまねしている。会話の中での汎用性が高い」(20代・女性)

「会社の人がミルクボーイのネタの構成をまねて、漫才をしたことがあった。そのネタはおもしろくなく、ミルクボーイの完成度の高さを改めて感じた」(20代・男性)

漫才へのこだわりの強さに対して、評価する人も多いようだ。

・合わせて読みたい→かまいたち、『M−1』直前に濱家を襲った不調 そのとき山内が思ったこととは

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年12月11日〜2020年12月18日
対象:全国10代〜60代の男女3,140名 (有効回答数)

    ニュース設定